« ゴッドファーザーⅡ | トップページ | 今日は・・ »

さくらん

女性がメインの物語好きです。
花魁の話も好みです。(SAYURIのレビューの時も書きましたが)

土屋アンナさんは 雰囲気あるし カッコイイ。だけど 時代劇は合わない・・・。(たちんぼだったら合いそう)
そもそも この映画事態が 時代劇になってないけど・・。
蜷川実花(漢字違ってたらごめんなさい)さんは 映画監督ではなく 写真家でいて下さい。

あのグロテスクな色彩は 桜の花の色を際立たせるためとは言え 目が疲れます。
夏木マリさんの芝居は ヒーロー物の悪役みたいでした。

私が一番違和感を感じたのは 日本髪と着物で 全員が 洋メイクだった事。
似合わないし 綺麗に見えない。管野さんも 木村さんも 絶対 花魁役 合ってるのに メイクのせいで綺麗に見えない。可哀想・・。

現代風に描くのは 別にいいけど 中途半端に思えてしまったのは 私だけ?
言葉使いが 花魁言葉(ありんすとか)と現代言葉が ごちゃ混ぜになってるのは 笑えた。

なんだかんだ 偉そうに文句言ってますが 最後まで 観てしまいました。

私個人としては 物語と登場人物の美しさで SAYURIの勝ちかな・・?

|

« ゴッドファーザーⅡ | トップページ | 今日は・・ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425711/7871393

この記事へのトラックバック一覧です: さくらん:

« ゴッドファーザーⅡ | トップページ | 今日は・・ »