« 暇人な私 | トップページ | 剣激隊 »

マグノリアの花たち

R080448747l

これ 当時の話題作ですよね~。 ジュリア・ロバーツ大抜擢の出世作だし。私 これ勝手に見た気になってて スルーしてたんですよ!!未見だったのには 自分でもビックリ!

それが今になって何故観ようと思ったのか・・・。それは・・・。アトリエ公演が 女芝居なので何か女性の友情物語でも見ておこうかなと思い ビデオ屋さんで 女性達が並んでいるパッケージに目が留まったとゆーわけです。

最初は 田舎町の 幸せな家族とそれを取り巻く 近所の人達の 交流で 普通の幸せな日常なんですね。 会話も 日常会話だし。

その幸せな家庭の娘が結婚。旦那様になる人も お金持ちだし 彼女を愛してるし いかにも 幸せになれそうな感じです。

でも その娘 シェルビー(ジュリア・ロバーツ)は 糖尿病患者だったのです。結婚式直前の彼女の発作は すさまじいです・・・。

無事に結婚式を挙げて(アルマジロのケーキは必見!) 幸せに生活していますが シェルビーの妊娠が発覚。 母親 マリン(サリー・フィールド)は 不安でたまりません!シェルビーは医者に 妊娠は避けるようにと 言われていたんです。 この親子喧嘩も リアルです。

無事に出産はしたものの・・・・。

もう ここからはずーっと 涙 涙 涙・・・。今 思い出しても泣けてきます・・・。

この映画の何がいいって 女優陣の芝居の素晴らしい事!!!!一人一人のキャラクターも活きていて 憎まれ役のウィザー(シャーリー・マクレーン)もとても 愛すべきキャラでした!!  サリー・フィールドは さすがでした!!

日常にある 身近な話なので 説得力があり 女の友情もありだなー・・・。いいなー・・・。と思える 心温まる 映画でした。

そして やっぱり 子供!! メチャメチャ キュート!!!ジュリア・ロバーツを 実のママ サリー・フィールドを 実のおばあちゃまと思っているように見えました。 きっと 撮影現場で 本当に息子 孫のように可愛がっていたんでしょうね・・・。

ジュリア・ロバーツ 助演女優賞 納得です。

女の友情なんて ありえないと思っている人 素直な気持ちになって 見てみてください。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 暇人な私 | トップページ | 剣激隊 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425711/8622848

この記事へのトラックバック一覧です: マグノリアの花たち:

« 暇人な私 | トップページ | 剣激隊 »