« K-1GP 2007決勝戦 | トップページ | 11:14 »

ブロウ

R081627466l

ジョニー・デップ主演の 実話の物語!

伝説のドラッグ・ディーラー ジョージ・ユングの波乱の人生を ジョニー・デップが熱演!

とにかく コカイン コカイン 密輸して売りさばいて あっとゆー間に大金持ち~!

でもあっさり捕まり 服役・・・。捕まったジョージ(ジョニー・デップ)は 「俺は 悪い事をしている自覚が無いから 服役するのはおかしい!」なんてぬけぬけとほざいている どーしよーもない人間。

愛する恋人を癌でなくし 逃亡生活するも 母親に密告され 逮捕・・・。

出所中に知り合った奴と仲間になり 出所後も またもや売人生活で大儲け。人の婚約者(ペネロペ・クルス)を奪って 結婚。子供が出来て 麻薬から足を洗おうとするも 預金していたお金全て 没収され 一気に貧乏生活に・・・。すると女房はヒステリックにどなりちらし(ペネロペさん悪魔のようでした・・・) 旦那を密告。また服役。そして離婚・・・。

出所してきた ジョニー・デップは なんと肥満に・・・。あれは 自腹なのか?役作りで太ったのなら凄い!!

子供と一緒に暮らしたいがために 最後にもう一度だけと麻薬に手をつける・・・。

アホだ・・・。何で 安易な方へと・・・。そんなお金で子供を幸せになど出来る物か!!

案の定 仲間に裏切られ 懲役60年の刑に。今現在もジョージは服役中だそうだ・・・。

その時のセリフ「仲間に裏切られたのもいい。60年の刑もいい。ただ 娘を失った事がつらい。」   失うっちゅうねん!

ずいぶんとみすぼらしいおっさんになって服役している ジョージ。ある日 大きくなった娘が面会に来た!パパを愛してると・・・。抱き合う2人・・・。でも これは・・・。

ちょっとグッと来る物悲しい終わり方でした・・・。特典映像の本人インタビューで言ってましたが 全ては 子供を育てられない親が悪い!と・・・。確かに そのような親はいると思う。でも 親がいなくても いても ろくでもない親だとしても りっぱに生きている人間は多くいるはずだと私は思います。

この映画は いろんな意味で 悲しい映画です。

ジョニー・デップファンは必見かも。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« K-1GP 2007決勝戦 | トップページ | 11:14 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425711/9406467

この記事へのトラックバック一覧です: ブロウ:

« K-1GP 2007決勝戦 | トップページ | 11:14 »