« 愛情と躾 | トップページ | 毎年恒例クリスマスパーティー♪ »

ライフ・オブ・デビット・ゲイル

Photo

死刑制度 賛成or反対

アメリカで 一番死刑が実行されているテキサス州での物語。(死刑囚の数は1位ではないが 死刑実行は1位)

重い話ですが 描き方はそんなに重くしてません。深いですけどね。

優秀な大学教授デビット・ゲイル(ケビン・スペイシー)が 元同僚コンスタンス(ローラ・リニー)をレイプして殺害したとして 死刑の宣告を受ける。ゲイルもコンスタンスも 死刑反対論者で活動をしていた。

死刑実施前の3日間 彼は 女性記者ビッツィー(ケイト・ウィンスレット)に高い報酬を払って 記事を書いて欲しいと頼む。

生徒に逆恨みされレイプされたと訴えられ 大学を追放され 妻に逃げられ アルコール依存症になり・・・ゲイルは ビッツィーに自分の過去を話し始める。そんなボロボロの彼を助けてくれたのが 元同僚のコンスタンスだったことも・・・。

彼の話を聞いてるうちに ビッツィーは ゲイルが冤罪だと思い始め 無実を証明するために 奮闘する。

重厚な推理サスペンスです。

この映画を観ていると 何故 ゲイルがビッツィーに記事を頼んだのか 何故 ドジばっかりする弁護士を雇い続けたのか 何故 怪しいカウボーイがビッツィーをつけまわしていたのか 全てが 解ります。明確にきちんとよく描かれています。伏線が随所にあって そーゆー事だったのかと。

実際のテキサスでは 死刑賛成派が50%強 反対派が50%弱らしいです。映画では どちらかと言うと 反対派の話に作ってあるように見えますが(監督のアラン・パーカーは反対派と言ってました) 判断は観客に委ねると・・・。そして この映画を最後まで観れば 決して 反対派を推薦しているわけでもないのが解ります。

う~ん。久々に考えさせられました・・・。命の話ですからね・・・。

ビッツィーが ゲイルの無実を確信して それを証明するものも押さえて 死刑実行時間に間に合わせようと必死になっている姿は ドキドキハラハラしました!とてもドラマチックで 入り込んでしまいました!

役者さん達の白熱した演技も素晴らしかった!私的には☆5つです。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 愛情と躾 | トップページ | 毎年恒例クリスマスパーティー♪ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425711/9523613

この記事へのトラックバック一覧です: ライフ・オブ・デビット・ゲイル:

« 愛情と躾 | トップページ | 毎年恒例クリスマスパーティー♪ »