« ぶちゃいくだけど・・・ | トップページ | K-1GP 2007決勝戦 »

SIMONE 

R081885967l

めずらしく アル・パチーノハートフルコメディーです!

役者業のうちらにとっては エライコッチャなお話です!

主演女優が CG  なのだ~!!!

かつて オスカーにもノミネートされ栄光のあった映画監督のヴィクター(アル・パチーノ)も今や 落ちぶれて 手掛けている作品も主演女優ニコラ(ウィノナ・ライダー)の超我儘で降板され 売れていない女優にも「ヴィクターの映画には出たくない!」なんて言われてしまう・・・。そこに ハンクという男が現れ 我儘を言わない 最高の女優をプレゼントされる。(ハンクは 死んでしまうので遺品ですが)

それが CG女優のシモーヌ!

そしたら 爆発的に売れちゃったんだなー・・・。シモーヌが!!もちろん みんな シモーヌがCGだなんて知らない!

シモーヌがCGだとばれないよう ヴィクターは 悪戦苦闘!自分で口紅を塗ってサインにキスしたり・・・。アル・パチーノの口紅姿は必見!そんな姿お宝映像でしょ・・・。

でも ヴィクターは 過去の栄光を取り戻したかったのに シモーヌばかりが注目の的に・・。自分で作り上げたCG女優に 嫉妬や妬みを持つようになり 彼女の人気を落とそうとしても 全て裏目に・・・。ますます シモーヌは人気者に・・・。

とにかく アル・パチーノの悪戦苦闘ぶりが いい!!だんだんやつれていく様もリアルです。

シモーヌは 半分CGで半分人間が演じてますが 顔の知られていない 無名の キレイな女優さんを探したそうです。一般的な アメリカンビューティーなんだそうです。確かにスタイル抜群で フィギアみたいでした!それにしても 無名の女優さんが いきなりヒロインでアル・パチーノと共演ですよ!!! 羨ましすぎる・・・

何年かしたら 現実でもCG俳優なんて 出てくるんだろうな・・・。今は CGつくるのに予算がかかるから 無理かもしれないけど。安い費用で 監督に絶対服従で 希望通りの事してくれて ヌードだろうが 危険なアクションシーンもスタント無しで そんな俳優がいたら人間よりいいかもね・・・。でも 芝居は 絶対 人間の方がいいに決まってる!!!

CGに負けてたまるか!!

でも この映画 面白かったです。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« ぶちゃいくだけど・・・ | トップページ | K-1GP 2007決勝戦 »

映画」カテゴリの記事

コメント

 K-1もスキとは知りませんでしたが、でもけっこうアクション物とか好きなんですもんね。納得です。
 どーしてこっちに書いたかというと、やっぱ女性のほうがいいかな(写真が)とそれだけの理由。

 「CGの役者で・・・」なんてのは、やっぱりプロデューサーとか監督とかは時々思うんでしょうね。
 これは映画の話ですが、20数年前にロボットが舞台に立つという未来の予見を手塚治虫さんが漫画で描いておられました。
 未来はどうなりますかね? 
 人間は慣れる動物です。CGに持っていたい・・・
 すいません。食事に呼ばれましたんで、いつか、又・・。(汗)

投稿: 権座えもん | 2007年12月 9日 (日) 18時35分

 食事を終えてきました。すいませんでした。

 で、続き。

 人間は慣れる動物です。CGに持っていた違和感も昨今では大分薄れてきています。SF以外の通常の映画でも、CGは多様されていて、ちょっと見ただけでは分からないぐらいに進歩しています。
 舞台では10~20年後くらいではどうという事は無いのでしょうが、100年後はどうなっているか?
 役者も演出も全部コンピューターがやる・・・なんて時代になってるかもしれませんね。

 そうなったら寂しくなりますけど。

 ボクは人間が人間に想いを伝える事は、言葉や演技だけではないと思います。生きているという事実が、生きている者に伝える事の出来る唯一の手段ではないか・・・そういう風に思います。

 堅い話になって申し訳ありませんでした。やっぱり、人は人を見たいんだと、僕は思います。

では、また。

投稿: 権座えもん | 2007年12月 9日 (日) 19時11分

>権座えもんさん
あはっ!コメント書いている途中 食事に呼ばれ一度途中で送信って!何ともまぁ 生活感ありありで リアルですね!ってゆーか 途中で送信します?想像してしまい 笑えました。さすが演出家さん!!(役者さんもやられるのですね!ぜひ観て見たい!)

「ボクは人間が人間に想いを伝える事は、言葉や演技だけではないと思います。生きているという事実が、生きている者に伝える事の出来る唯一の手段ではないか・・・そういう風に思います。」

感動しました!そうですよね。映画でも舞台でも役者さんの芝居の上手い下手ではなく その役の人間がどう生きているかが観たいんですもんね!
芝居の技術はあった方がいいのかもしれませんが
技術ばかり見せられても 心は動きませんからね・・・。

投稿: 詩乃 | 2007年12月 9日 (日) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425711/9302777

この記事へのトラックバック一覧です: SIMONE :

» エルメス [,SIMONE]
また読みに寄らせていただきます! [続きを読む]

受信: 2007年12月 8日 (土) 13時28分

» エコバッグ [,SIMONE]
また拝見させてください! [続きを読む]

受信: 2007年12月 8日 (土) 13時35分

« ぶちゃいくだけど・・・ | トップページ | K-1GP 2007決勝戦 »