« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

さみ~!!

Ken3

最近のお気に入りの場所!

陽が当たってあったけーんだぁ・・・。

と 愛息子が言っております。

陽が当たらなくなると ストーブのまん前を占領!

とにかく 寒いっす・・・。寒いの苦手っす・・・。

何が一番ツライって? 稽古場までの原チャリ。涙が止まらないのは何故?って感じで 今日は 目から鼻から水がぁ・・・。

厚手の靴下にレッグウォーマーして 防寒靴。

普段着の上に 上下のヤッケ。その上に ハーフ丈のダウンジャケット。その上に スキーウェアーの上下。 ネックウォーマーの上にマフラー。手袋は勿論2重。

ダルマさんが転んだ!状態です・・・。

この格好でコンビニ行くのは ちと 恥ずかしい・・・。

早く温かくならないかなぁーーーーー!

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

チャーリーとチョコレート工場

Photo

ずーっと スルーしていたこの映画・・・。

心が汚れてしまった私は ファンタジー系はあまり観ないから・・・。

でも 周りの評判がとても良いので 観てしまいました・・・。

登場人物のキャラクターがとても引き立っていて 凄く 楽しめました!

金のチケットを獲得するための それぞれの手段やその家族のあり方等 とてもよく描かれていて 主人公のチャーリー少年を 思わず応援したくなるような・・・。

チャーリーの家族 チャーリーと両親とその両親2組 7人家族は 貧しくても 心の通じ合った思いやりのある温かい家族で  今時 そんな家族 ドラマの中だけだよ!と否定することなく 素直に微笑ましく 観れました。

その対象として 家族の愛を知らない ウィリー・ウォンカが活きて来るんですね~。

ジョニー・デップ演じるウィリー・ウォンカ なんて キュートなの!!!子供のまま大人になってしまって 遊び心たっぷりで ちょびっと いじめっ子で でも 本当は 寂しがりやで・・・。なんとも 魅力的な人物!!!(ジャック・スパロウのキャラも良いけど こちらも負けず劣らず good)

ウンパ・ルンパもすっかり お気に入りーーー!!!

ひさしぶりに ドキドキ ワクワクしました。

ファンタジー系も いいもんだなぁと・・・。心が洗われるような気がします・・・。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

やっと普通の生活が・・・。

Ken2

缶詰をお皿に出してあげてるのに 缶詰に口を突っ込んで舐めるので いつも鼻が汚れるくいしんぼう!

明日 おいしいご飯買ってあげるからねぇ~。

9月いっぱいで前のバイト先を辞めて 10月1ヶ月間遊び 11月新しいバイトを始めるも アトリエ公演のため半月程度しか働かず 12月は真面目に働きました。

何が言いたいか? 今の職場 給料が 月末〆の翌月25日払いなんです。つまり 先月(12月)貰った給料は半月分でしかも時間が短かったため すずめの涙程度・・・。年末の忘年会や 新年のお年玉等出費がかさみ 今月(1月)は 非常に生活が苦しかったんです(涙)(10月に遊んだつけが)・・・。

で 今日は 待ちに待った給料日!!!12月に真面目に働いたから やっと人並みの生活が出来るぞと・・・。

変わったことに うちの会社 給料日の3時休憩に(アルバイトにも)ケーキが出るんです。年末は ビール2本(発泡酒じゃないよ)貰いました。

ちょっとした事かもしれないけど 社長が気を使ってくれてるんだなーと思うと 頑張ろうって気になりますよね。仕事が大変で残業したら(勿論残業手当も付きます) いろいろ差し入れしてくれたり。(バブルの頃は 年に1回海外旅行があったそうです・・・)

小さな事でも とても うれしく感じます!

最近 自分の持ち場の仕事以外に いろんな人から いろんな仕事を頼まれてます。お陰で 週4ペースで観ていたDVDも 今は週2ペースに・・・。

でも 必要とされてるって感じるとうれしいですよね。その場に居る意味があるとゆーか。

2月から 芝居の公演の稽古が入ってきて また 休みがちになってしまうので 今のうちに働かねば・・・!!

あっ! 団費も払いま~す!

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気!?

今日は 久しぶりにお気に入りのスーパー銭湯に行った。

週に1回は行かないと気がすまなかったのに 先週は残業が多くて 行く暇がなかった・・・。(私は 3階で働いているのですが 2階のリーダーが 交通事故で休んでいてずーっとヘルプしてました)

サウナ大好きの私ですが サウナに入ると 思い出してしまう事が・・・。

ある日 サウナに入ろうとドアを開けたら まず 目に飛び込んできたのが 女性の神秘的部分!!! スタイルの良い 若い キレイな女性が サウナのひな壇の3段目(一番上)で M字開脚~

あまりにも衝撃的で 一瞬固まってしまいましたが 何事も無かったかのように M字開脚の彼女から 少し離れた所に落ち着きました。 室内が 異様な緊張感に満ちていて 常連のおばちゃん達も一言も話さず シーーーンと静まり返っている サウナ室・・・。

しばらくして M字開脚の彼女が サウナ室から出て行きました。そのとたん ざわめきが・・・。

おばちゃんの話によると 彼女は 中国の人で 女性自身から 気を入れているんだとか・・・。

気を入れるとどうなるのだろう・・・?そもそも 気が入るのか・・・?おまじない?だとしても 恥ずかしくはないのだろうか・・・?いくら同性でも ねぇ・・・。せめて ドアの前は 辞めて欲しい。 私の後から入って来た人達も みんな 同じ反応してて ちょっと面白かったけど。

ビニールシートを身体に巻いて 汗を飛び散らしているおばちゃんにも 困るけど・・・。

でも どこのサウナに行っても 常連の牢名主さんがいるんですよね~。マナーさえ守っていれば被害はないけど・・・。

真冬の露天風呂もだーい好き(お気に入りの銭湯には ステキな露天風呂がありますの)♪ 昼間は 雲の動きを楽しみ  夜は たまに飛んでる飛行機のエアランプを見ながら・・・。至福のひとときです。星がもっと見えればなぁ・・・。

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ

| | コメント (5) | トラックバック (1)

自分はどーなの?

前回 私の職場のおばちゃんについて書きましたが 自分はどーなのか?と言えば・・・。

私も もうおばちゃんです・・・。自覚あります・・・。残念ながら・・・。

子供の頃から 20歳くらいまで 私 足を隠した事あまり無いんですよねー・・・。母親が 長いスカートが嫌いで 母が買ってくるスカートは全部膝上のミニスカートでした・・・。ズボンも嫌いで穿かなかったし・・・。ズボン穿くとしたら 短パン。

それが・・・ジーパンに目覚めて(?)以来 1年中ずーーーーっとジーパン生活・・・。そのお陰で 足自慢だったのに すっかり しっかり 足が太くなりました・・・。

あ~ぁ・・・。でも ジーパン穿いてたって 足がキレイな人はキレイだし。ようは 意識の問題で 私の場合 隠す事によって 緊張感がなくなって緩んでしまったって事です!

化粧も そう!

若い頃は 近所のコンビニに行くのにも 化粧してたくらい 人の目を意識してたのに 今や 誰に何を見られても平気とゆーか 誰も見てないし とか思って 電車に乗る時もスッピン。ジャージでも平気・・・。

前のバイト先は 接客業だったので ファンデーションくらいは塗っていたんですが 今の職場では ファンデーションすら塗っていない。

いつから こんなふうに なってしまったんだ!?

つまり おばちゃんになってしまったんだなぁ・・・と思う 今日この頃・・・。

でも これ 開き直ったら ダメですよね。せめて 体重だけは 気をつけようと(化粧もしろって?)・・・。ただ・・・寒いの大の苦手の私。冬は・・・外に出たくなーい!でも 家にいると なんだかんだ食べてしまう!そこがおばちゃんなんだけど 解ってるんですが・・・。

ま 公演の稽古が始まれば 気が引き締まるでしょう!?

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ

| | コメント (3) | トラックバック (1)

まりこのハタキ

Marikochirashi01

 「まりこのハタキ」は、国民栄誉賞を受賞された昭和の大作曲家「服部良一」さんの愛妻である万里子さんが見た昭和という時代をテーマに、高山佳子が昭和を生きたたくさんの〝まりこ〟をひとり芝居で演じます。

昨日 サンハロン企画プロデュースライブ 『まりこのハタキ』を観に行って来ました!

サンハロンシアターのエース 高山佳子!尊敬すべきスーパーウーマンが 相変わらずの短い稽古で 熱演!!!(本当に彼女のセリフ覚えの良さと言ったら・・・脳みそ覗いてみたい)  2部構成になっていて 短い物語で2人の「まりこ」を演じていました。 どちらのまりこもとってもステキな人物に出来上がってました!触発されましたよ~!

そして オーデション等で集まってもらった コーラス隊の 素晴らしかった事!!!

本番1週間前に アクシデントがあったにも関わらず 心に沁みる 歌を聴かせてもらいました。 また 洋一郎氏(音楽プロデュース)の 昭和の香りをのこしつつのアレンジがとーっても良くて 感動しました! 洋一郎氏は 本当に才能あるミュージシャンだと思います!(ライブ活動やラジオ等頑張っていますが もっと売れてもいい人なのに!)

とにかく 心温まる芝居と歌で 久しぶりに いいもの観させてもらいました

まだ 全体の構成など 改良の余地有りですが これから 月1の割合で続けていくライブです。 これは 一度観たら ハマルと思います! クチコミ等で広まっていく予感あり!

服部良一先生の歌を知らない世代の人達でも 十分楽しめます。

芝居で感動して 歌で感動して 3連休の締めくくりは最高でした!お陰で 終電に間に合わず 寒空の中 20分歩きました・・・。でも 心が温かかったから ま いっかー!

にほんブログ村 演劇ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おばちゃん

今の職場には パートのおばちゃん達がいっぱいいる。

3階のフロアーを仕切っているおばちゃんのパワーは凄い・・・。パートなのに 社員をこき使って 言いたい放題! 次長も課長も部長もみんな このおばちゃんには頭があがらない・・・。何故だろう・・・?

次長課長部長に 「あのおばちゃん 五月蝿いから気をつけなさい。」 と言われているが 私は 今の所 被害は受けていない。

このおばちゃん 朝から帰るまで ずーーーーーっと愚痴を言っている。隣のおばちゃんとずーーーーっと 上司の悪口を言い合っている・・・。でも 仕事はきちんとしている。

悪口や愚痴を言う事が このおばちゃん達のエネルギー源となっているのでしょう・・・?仕事が出来るから 上司達も何も言えないわけだし。それはそれで成り立っているんだから いいのでしょう。

耳の聞こえないおばちゃんもいる。(勿論喋れない)  このおばちゃんは この会社で働き始めて30年の大ベテラン! 耳が聞こえないから 間違う事もよくあるみたいだけど 仕事は速い!さすがです。 見た目は50代。随分若いときからこの会社にいるんだなーと思っていたら 実は70歳過ぎているらしい。ビックリ!!! 毎年 韓国で若返りの整形をしているのだそうです・・・。

とにかく いろんなタイプのおばちゃん達がいる。でも みんな 明るく パワフル!!!

元気がないのは おじさん達・・・。おばちゃんパワーに圧倒されているのか とにかく おとなしい・・・。

人生 元気に明るくが一番!!だと思いません?

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ツォツィ

Photo

ツォツィは不良という意味です。

2006年 アカデミー外国語映画賞受賞

主人公は 南アフリカのスラム街で暴力と犯罪にまみれ 名前を捨て ツォツィと呼ばれ 荒んだ日常を送っていた。

幼い頃 家を飛び出し 空き地で生活していた。当然 無学な上に道徳心もなく お金が欲しければ盗み 似たような仲間たちとつるんでいた。

ある日 高級車を運転して帰ってきた お金持ちの夫人を銃で撃って 車を盗んだ。

ところが その車には 赤ん坊が乗っていた!一度は捨て置こうとしたが 放っておけず赤ん坊を連れて帰った。

その赤ん坊を通じて 彼は 命の重さや愛を知り 人間の心を持つようになる。

とてもシンプルなストーリーなのですが 青年の闇に光が差してくる様が見事に描かれています。

人の命をなんとも思っていなかった青年が たまたま偶然に拾ってしまった赤ん坊の命を重んじる。やっぱり 世界共通で 赤ん坊は天使なんですね・・・。

でも赤ん坊にとっては エライ迷惑な話ですよ! せっかくお金持ちの家に産まれ 両親の愛情を受け 幸せな日々を送っていた筈なのに 突然 犯罪者の貧しい家で 新聞紙でお尻を拭かれ オムツも新聞紙。(ただれちゃうでしょ!) 移動する時は 紙袋に入れられて移動。知らない女性のお乳を飲まされ・・・。また この赤ん坊 顔がオヤジ顔・・・。私は個人的にツボにはまりました このオヤジ顔に・・・。愛を知らないツォツィが このオヤジ顔の赤ん坊を 愛おしい目で見つめるんです・・・。ジーンときました。

彼の行為は いけない事です。でも サイボーグだった青年が人間に成長していく様は 観る者に感動を与えます。 そう・・・ヘレン・ケラーが 初めて 物には 名前があると理解した時の様な感動・・・。

育った環境って 大事ですね・・・。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

アドレナリン

Photo_2

毒薬VSアドレナリン

こんな映画あり?

ありでしょう!!!

馬を殺す毒薬!これを打たれて 毒が回るのを遅らせるためにはアドレナリンを出し続けなければいけない!
何て面白い発想!!!
人間 そうそうアドレナリンを出し続ける事なんて容易ではありません。だから 主人公は やりたい放題!そりゃそうだ アドレナリンを出し続けなきゃ死んじゃうんだから・・・。
しかも ボスに裏切られて踏んだり蹴ったり・・・。自分が生きる為にする ムチャクチャな行動も つい応援したくなってしまいます。(巻き込まれた人達は可哀想だけど・・・)

生き抜いてほしかったなー!

自分の彼氏がプログラマーだと思ってたのに 実は殺し屋だった! それを知っても 彼を好きでいられるこちらもイカレタ女。ナイスカップルじゃないですか!

私は これ 理屈抜き に楽しめましたねー。

スピード感あるし 映像の写し方も面白かったし。
本人は死なないために必死になってやってる事が笑えるって言う事は 良く出来た作品なのではないでしょうか?
アドレナリンを出す為の行動もいろんなバリエーションがあったし・・・。飽きませんでしたね。
最後の空からのダイブでの電話も 私は好きです。ちょっと切なくて・・・。なんで留守電なんだよー!!!って・・・。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ツインピークス

Photo

海外ドラマにはまっている私。

とうとう観てしまいました。懐かしのこの作品!

12月からお正月休みにかけていっきに・・・。

デイヴィット・リンチ監督の独特の世界と 独特の謎かけにハマリ 夢中で観ました。

登場人物のキャラも個性的で面白い!あ~こんな人いる!ってキャラから こんな奴はいないだろ~!というキャラまで・・・。どっちかと言うと 普通の人の方が少ない?

アメリカ北西部ののどかな町で ミス・ツインピークス(ハイスクールの人気者)のローラ・パーマーが遺体で発見される。

そこに シックスセンスの働く有能なFBI捜査官デイル・クーパー(カイル・マクラクラン)が捜査に加わるが この町には 傍から見たらわからない 不思議な森の力が秘めた謎につつまれた事が多く 捜査は難解だった。 ローラ・パーマーは誰に 何故殺されたのか・・・。

サスペンス・ミステリーの筈なのに 笑えます。クーパー捜査官役のカイル・マクラクランはとてもハンサムでクール・ガイなのに 大の甘党で(でもコーヒーはブラック)捜査には いつも大量のドーナツが・・・。   踊る小人や天井に届くほどの巨人が出てくるのは まぁ有りとして 「丸太おばさん」って何?いつも丸太を抱いているおばさん・・・。丸太が全て見ていて教えてくれるんだそうです・・・。

とにかく 不思議の連続でキライな人はキライだろうな・・・。

そして 私にとっての魅力のひとつは ローラ・パーマーをはじめ 若手の女優さんのキレイなこと!!!みんなそれぞれ個性的な魅力があって かなり目の保養になります。

とにかく面白くて 夢中になって観ていたのですが・・・。ローラ・パーマーの謎に迫ってきて殺した犯人がわかってきたくらいから ラストこうなったら嫌だなぁ~・・・と思っている通りの終わり方には  えぇー!「やっぱりそうなるの!?」・・・・。

最終話は え?これで終わり? それぞれのエピソードが全部途中じゃない?って感じで???だったのがちょっと・・・。まぁ デイヴィット・リンチっぽいっちゃぁぽいけど・・・。

で ついでに(?)観た劇場版『ツインピークス ローラ・パーマー最後の7日間』

7

これは ローラ・パーマーが完全に主役で 彼女が死ぬまでのお話なのですが クーパー捜査官もあまり出てこないし ローラの親友のドナがドラマと違う人・・・。ドラマのドナの方がいいのになぁ・・・と思って観ていたら あぁ脱ぎNGだったのね・・・と納得。

お色気シーンいっぱいです。

ドラマの謎が解けるかと思って観たのですが 解けませんでした・・・。私のお気に入りのキャラも出てこなかったし・・・。ローラファンには良いかも。

でも ツインピークスを観て もう一度 デイヴィット・リンチ監督の『ブルーベルベット』を観てみようと思いました。あと カイル・マクラクランの作品も リストにいっぱい入れました!

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

| | コメント (11) | トラックバック (0)

久しぶりの実家

実家が近いといつでも帰れると思って なかなか帰らなかったりする・・・。

大事に大事に育ててもらった一人っ子の娘なのに・・・。

毎年お正月には帰るのですが 休みが短いため いつも日帰り。

今回は 休みが長いので 久しぶりに泊まってきました。うちの母は 今韓流ドラマにはまっていて 帰る度に いろんなものが増えている。最初はビデオだったのに DVDプレーヤーが増え 今は BSも入って録画しまくっている。そして 映画館通い。切り抜きも壁にピンで留めてある。

普段から 何もしない私ですが 帰ると 全て 母がやってくれるので 私は右の物も左に移さなくなるほどです・・・。寝るときも 布団を敷いてくれた母。なんと 低反発の布団に枕。 これ スッゴイ寝心地いいですねーーー!!!腰痛持ちの私には 快適でした。値段聞いたら ぶっ飛びましたが・・・。まぁ母と父の年寄り2人暮らし そのくらいの贅沢はいいですよね。

で 朝起きて 母と2人で(父は残念ながら仕事) 京王永山の健康ランド 『竹取の湯』に行って来ました。

Top_05

そこで 岩盤浴 初体験!!!

4つに分かれた部屋。それぞれ効能や 温度が違うのです。

これ 最高に気持ちいいですね~・・・。もちろん 服を着て入るのですが 色が変わるくらい汗・汗・汗・・・。毒素よさようなら~。気分爽快~。極楽~。私は3部屋 はしごしました。その後に ゆっくり お風呂に・・・。岩盤浴の後だからか お風呂でも汗の出方が違う!ヤバイ これは ハマリそうだぁ

ただ 残念だったのは お正月で駐車場満車で 近くのパーキングに車を止めた事。それでも 運良く 一つだけ空いてたので まぁラッキーだったかな。後 食事する所で 中国雑技団のショーをやっていたのだけど タイミングが合わなくて 観られなかったのは残念・・・。

スーパー銭湯もいいけど たまには 1日がかりでゆっくりもいいですね!

いる内に しなきゃいけませんね 親孝行

で 家に帰ったら 愛息子のゲロ・・・。絶対 一晩帰らなかった 嫌がらせだ・・・。

Ken

「なんか文句ある~?」

と 言いたげな 顔・・・。

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ブラッド・ダイヤモンド

Photo

1990年代後半のアフリカで ダイヤモンドの不正な取引をめぐって起きる 不毛な争い(内戦)。

この赤い土は 我々の流した血の色

ダイヤモンドと全く関係の無い生活をしている 原住民がダイヤモンドをめぐっての内戦に巻き込まれ 家族を引き離され 女子供は殺され 使えそうな男の子はさらわれ 麻薬をうたれ 殺人マシーンへと洗脳される。

とてもリアルに描かれていて 痛い 観ていると眉間に皺がよってしまう・・・。

元傭兵でダイヤの密売人のダニー(レオナルド・ディカプリオ)は 巨大なピンク・ダイヤを隠し持つ 漁師のソロモン(ジャイモン・フンスー)の存在を知り そのダイヤを奪おうと彼にに近づく。 

ジャーナリストのマディー(ジェニファー・コネリー)は 反政府組織『RUF』の資金源となっている ブッラド・ダイヤモンドの真相を探っていた。

ダニーとマディーは最初反発しあいながらも 互いに惹かれあっていく。

ソロモンは RUFにさらわれた愛する息子を取り戻すため 命をかける。

最初は お金儲けの事しか頭に無いダニーが ソロモンやマディーを通じて 人間らしい感覚に戻っていく。

洗脳されている子供がソロモンと対面したとき 子供は 「お前なんか父親じゃない!」と父親に銃を向ける! このシーンは かなりの緊迫感があり 溢れ出る父親の愛情が 息子の洗脳された心の氷を溶かしていく。まさに 涙 涙・・・。

この映画は アクションドラマだけど それだけではない。 社会問題が重要なテーマ。

TVで 豪華なダイヤを見せびらかしている人達に ぜひ観て欲しい作品です。

見栄やプライド等で買ったダイヤのために 陰では悲しい思いをしている人達がたくさんいるのです。

ジェニファー・コネリーの利発な大人の女性もステキでした。ラストシーン ダニーとマディーの電話での語らい・・・。切なかった・・・。

レオナルド・ディカプリオ 彼は 何故 アカデミー賞 主演男優賞取れないのか不思議です。ホント上手いと思うんだけどなぁー・・・。最後に 赤い土を握り締めるシーン 印象的です。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

まいりました・・・

昨日の大晦日 朝起きたら 具合が悪い・・・と思っていたら みるみる熱が上がっていった・・・。

長い冬休みをもらって 気がゆるんだのか?

とにかく ひたすら水分をとって ひたすら寝てました・・・。

昨日一日に食べた物 みかん1つ。後は水分だけ。

なんて惨めな大晦日・・・。

年明けて 熱は少し下ったものの 食欲はまだない。

1年の始まりが こんなんじゃ 先が思いやられる。

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »