« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

手帳

2008年になって もう2月も終わりですが・・・。

この前 やーっと 2008年の手帳を買ったんですcoldsweats01

今までは システム手帳で 中身のルーズリーフだけ買い換えてたんですが ちょっと大きくて 持ち運びに不便だな・・・と思って。 小さい手帳が欲しいな・・・ってことで 今更ながら買いに行きました。

Photo_2

もう 時期ハズレなんでしょう・・・?

サティーの文具売り場で なんと300円でした!

結構気に入ってます。

良い買い物したと 満足していたら 連れがボソッと「手帳なんか買わなくても 携帯でいいじゃん?」と・・・。

私「・・・携帯って・・・?」

連れ「カレンダー機能付いてるでしょ?」

私「付いてるよ。」

連れ「スケジュール書き込めばいいじゃん。」

私「・・・。は?」

ガーンshock

私 携帯にスケジュール書き込めるの 知らなかったんです・・・。

即 トライしてみました。

・・・・スケジュール書き込み出来るじゃん・・・。 アラームまで付いてるじゃん・・・。しかも 忘れずに持ち運び出来るじゃん・・・。

今の携帯気に入ってて もう3年以上使ってるのですが 全然気付かなかった。

ま でもね。手帳は手帳で持ってると使えるんですよ!手帳に書き込む方が早いし。でしょ?でしょ?

手帳を開いて スケジュールがいっぱい(くだらない予定があったとしても)だと あ~私って忙しい~とか思って なんか嬉しいじゃないですか!?嬉しくない?

今年は この手帳にスケジュールをいっぱい書き込むぞー!

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

実感してしまった・・・。

劇団に所属していると 役者以外にも いろんな雑務をしたりします。

知らない人は ビックリされますが 劇場で公演するときの 舞台の大道具を作ったり 衣装を縫ったり 制作をやったりもするんです。有名でギャラの出る劇団なんかは ちゃんと別に全てのスタッフさんがいますが うちらのような小劇団は 本番のスタッフさん(照明さんや音響さんや舞台監督等)以外は 役者が自分たちでやります。

制作の仕事の一つに チラシの折り込みがあります。自分たちの芝居のチラシを 他劇団の公演のパンフレットに折り込ませてもらうのです。

この前 久しぶりに 折り込みに行きました。

私が 劇場に着くと 丁度 折り込みを始めようとしていた 別の劇団の 多分女優さんだと思うのですが お洒落でキレイな女性がいました。(私は バイクだったのでズングリムックリの厚着に素ッピン) 彼女が自分たちのチラシをパンフレットに挟み その次に私が自分のチラシを挟むのですが そのキレイな女性は 折り込むスピードがやたら速い!私の3倍以上のスピードでどんどん折り込んでいきます。

15分位後に また別の劇団のチラシを折り込みに 青年が来ました。彼は 私の後に 折り込むのですが 彼もスピードが速く すぐに追いつかれて 私の作業待ち状態に・・・。

「遅ーよ このオバサン!」とか思われてるんじゃないかしら・・・。と焦った時 ふと 気付いてしまいました・・・。

若い人は 水分潤ってるから 速いんだ!と・・・。

私は 手が乾燥してて 紙(チラシ)を上手く掴めなかったんです。いっぺんに2~3枚掴んじゃう・・・。かといって 指を舐めながら やるわけにはいかないので・・・。(雑誌や新聞を捲る時 指を舐める人って 若い人いないでしょ?)

ショック~!!!

うちの劇団員で お母さん的存在の役者が しょっちゅう 折り込みに行ってくれるんです。彼女は しっかり 指サックを買ってました。

私も買わなきゃ・・・。と実感した日でございました・・・。

Photo

「大丈夫。うちのママ(劇団員の女優)も乾燥してるから!」

by エスタくん

このブログ見てませんように・・・(笑)

しかし うちの子も可愛いけど エスタくんもなんてキュートなの~!!!

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

レベル・サーティーン

Photo

リアル・ネットゲーム

裏組織は 国家権力絡み?

人間の限界

あ~・・・恐ろしや・・・

タイ映画ですが ハリウッドでリメイク決定!

いかにも気の弱そうな不器用で鈍臭い主人公プチット。

借金で首が回らない状態に付け加え いきなりの解雇・・・。そんな時 携帯が鳴った。ゲームに参加して 1つクリアする度に 賞金が貰えますよ!あなたも参加してみませんか?と・・・。そのゲームがレベル1~13まであるわけですよ。見事レベル13をクリアすると1億バーツ(日本円いくらだ?とにかく大金?)が貰えると!!ただし リタイアすると今までの賞金も没収・・・。(ミリ○ネアか!?)

お金が欲しかったプチットは参加してしまうんですね~。(参加しなきゃ物語が進まないけど・・・)

ちなみに 私はレベル2でリタイアします・・・。

ちょっと見るに耐えないレベル5!これだけは ダメ!やりすぎです!!!

課題と自分の子供の頃の悲しい記憶が重なり ゲームをやめられなくなって そのうち 人間性までも失っていく主人公・・・。人間が壊れていく様が 描かれています。

虐待されても それでも 最終的には父親を想う プチット。人間性を取り戻したのに・・・。

悲劇です・・・。

そして この映画 オープニングが重要!これから観ようと思っている方は オープニングのシーンを忘れてはいけません。上手く本編に絡んでます。

正直 ツッコミどころも多々ありましたが 非常に良く練れた脚本。スピード感ある展開で退屈はしませんが 見終わった後の スッキリ感は無いです・・・。というか 後味は悪し・・・。でも 後を引く・・・。 ハリウッド版も絶対観ちゃうと思います!

衝撃的な映画です。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

友達の友達は皆友達・・・

この前 知人から携帯にメールが来ました。

友人から来たメールです。と・・・。

内容は 「友達の子供が急性白血病なのですが 血清が足りないので 献血にご協力お願いします」 という内容でした。

私は ちょっと怪しいなと思い 失礼ながら「これっていわゆる チェーンメールなのでは?」と返信してしまいました。

知人は メールの内容を信じていたので 人の命に関わる問題だからと 一生懸命い友達に協力を呼びかけていたようです。が 私がキツイ返信をしたせいか(?)子供が入院しているという病院に問い合わせたりして調べたところ チェーンメールの可能性が高いとの事だったらしく お詫びのメールが来ました。

昔のチェーンメールは かつての不幸の手紙みたいに イタズラだとすぐわかる内容でしたが 今は こんなに 悪質なんですね~!

人の命をだしにしたイタズラなんて 最悪・・・。  

私の知人のように 本気で 命を救えたらと思って呼びかけた(メールした)人や これに協力しないと自分が悪い人間のような気がして呼びかけた人など いろんな人がいると思いますが ずーっと 友達の友達が で広がってきたわけですよね・・・。

ま 今回は献血にご協力を だったので 献血自体は 悪い事ではないけど。

でも 心無いイタズラは やめようよー!

それと 真実でみなさんに協力を頼みたいと知り合いにメールを送ったのが広まった場合でも メールを送った人は送った相手にその後の経過を知らせる義務がありますよ。呼びかけたから終わりではないんです。最後まで 責任を持ちましょうね。

やべ・・・説教オバサンみたい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちあきなおみ

うちの劇団サンハロンシアターの ダンスレッスンの講師が レッスン終了後のひと時に世間話をしてお帰りになるのですが この前の話題が 『ちあきなおみさん』でした。

「ちあきなおみの『紅とんぼ』と『夜を急ぐ人』 YouTubeで観たら 凄いの!!」

と 大絶賛だったので 観てみました!

『紅とんぼ』は 新宿の裏にあるスナックが閉店の為 ママが今までのツケとか何にも気にしないで飲んでちょうだい。私は国に帰るし貢ぐ相手もいないから・・・。という歌詞。感情表現が良く表れていて  なんとも 臨場感のある歌でございました。

『夜を急ぐ人』は 物真似版も観たのですが これは 大迫力!!!先に物真似を観てから ご本人のを観たのですが あまりの迫力に 笑える程!まさしく熱唱ーーー!

どちらの歌も 完璧にその世界に入っていて 歌を聴くというより 観る って感じがしました。 こんなに感情豊かに唄える人は そういないでしょう・・・?

いや~いいもの観させていただきました。

実は ちあきなおみさんとゆーと コロッケさんの物真似しか頭に浮かんでこなかったのですが・・・。魂込めて唄う姿が誇張されると コロッケさんになるんですね・・・。

しかし 先生は 何故 突然 ちあきなおみを観たのだろう・・・?

先生は ダンスレッスンの為ニューヨークで修行を積み ボコボコに凹まされて 自閉症になるほど落ち込んだけど ある日 自分の中に宇宙を見つけ 立ち直り 現在に至る 不思議なお方です。だーい好きな先生です!!!

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

マッチスティック・メン

Photo_2

リドリー・スコット監督

ニコラス・ケイジ主演

ヒューマンコメディー!

私 リドリー・スコット好きなんですよ~。

でも この映画は リドリーっぽくはなかったかな?

病的な潔癖症のロイ(ニコラス・ケイジ)の職業は 詐欺師。本人は詐欺アーティストだと主張。

彼の潔癖症ぶりは 面白い!普通の日常生活を送れない程・・・。精神科医の薬が命綱。

そんな 彼のもとに 離婚した女房の子供が現れ 一緒に生活することに・・・。我儘だけどいい子の娘アンジェラ(アリソン・ローマン)に振りまわされながらも 経験した事のない父親を戸惑いながらもエンジョイしているロイが 可愛いです。

父親の仕事(詐欺)を知ったアンジェラは 自分もやってみたいとダダをこね ロイの仕事に参加!!!

父と娘のコンビが絶妙で とってもいい空気が流れている映画です。 14歳という微妙な年頃の娘が 突然目の前に現れるなんて そりゃぁもう 大変ですよね~!でも ロイは愛情を注ぐんです。 彼の潔癖症は 深層心理的なものが原因で 娘を愛する事によって 病気が治ってくる・・・。なるほど・・・。

大きな仕事に娘を巻き込んで決行するも・・・。

あーーーその後は 教えられません!

ニコラスはもちろん 相棒のフランク役のサム・ロックウェルが いい味だしてます。そして14歳の娘アンジェラ役の アリソンは なんと!当時21歳!!!これにはビックリ!ローティーンにしか見えない・・・。無邪気でとってもチャーミングでした!

撮影準備の特典映像も 撮影の裏が見れて面白かったです!(長いけど)

心温まるシーンもあり お腹一杯になる映画です。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

人生の扉

Fjinsei_5 我らがリーダー 田野良樹

彼は 非常にマイペースな人で人間味のある人。昔は あのコカ○ーラのCMに出ていただけあって 石黒賢似のとても爽やかな青年だった。今は 都心から離れると どこに行っても地元民のような 自然そのもののおじさイエお兄さん。ノラリクラリしているようだがいざとゆーときは とっても頼れる存在。 ダンスを踊ると阿波踊りの様だが 空手をやると とてもカッコイイ!仲間にはとても優しい。でも運転は乱暴・・・。

我らがアイドル(?)おもちゃ(?) 内藤トモヤ

彼のチャームポイントは ほっぺた。365日赤い。あだ名はモモさん。何故モモさんなのかは 話すと長いので省略。 舞台で間違えると「あっ!」と言ってしまうので お客さんにバレバレ。よくカム。舞台に立つと お客さん(若いねぇちゃんとか)から「カワイイー」と言われる得な人。自己犠牲の物語に弱く すぐ もらい泣きしてしまう可愛い人。お酒を飲むと 大先輩にも突っ込む怖いもの知らず。カラオケでマイクを持つと放さない。オーバーオールが似合うおじさん。(うーん お兄さんじゃないだろう・・・)

この2人が主役のハートフルコメディーです。面白くならないわけがない!!!

3月26(水)~30(日) 下北沢 劇小劇場にて。

サンハロンシアター 演劇のメッカ下北沢に初登場!乞うご期待!

にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

モーツァルトとクジラ

Kujira_6

アスペルガー症候群・・・。発達障害の一種・・・。

ドナルド(ジョシュ・ハートネット)は 子供の頃から 普通じゃないと言われて育って 孤独だった。彼は数字の天才で 数字が好きなだけなのに・・・。

ドナルドは 同じ障害を持つ仲間たちの集会のリーダー。ある日 その集会に新人の女性 イザベル(ラダ・ミッチェル)がやって来た。そこで 2人は お互い惹かれあう・・・。自由奔放なイザベルに戸惑い 振りまわされながらも どんどん 好きになっていくドナルドをジョシュ・ハートネットが好演してます!

普通のラブストーリーです。ただ 2人ともちょっと不器用で そんな気はないのに 傷付けあってしまうだけ・・・。でも それは 健常者でもよくあること。彼らは ひたむきに純粋だからこそ 何度もケンカして それでも相手の事が忘れられず 傷付けあいながらも一緒に居る事を選ぶ。

なんかねぇ~・・・。応援したくなっちゃうのですよ!!!ピュアな彼らを・・・。お互いに愛し合ってるのが分かるから 切ないんです。 バスの運転手を待たせての初キッス。 公共の場でも どこでも周りを気にせず 大声で自分の感情をぶちまける。でも 正直だから 2人の間に嘘はない!

いくらぶつかり合っても お互いを大事だと思う気持ちがあれば やっていけるんだなぁ・・・。

私の知り合いに うつ病で 障害に立ち向かい 日本だけでなく海外の集会でも講演をしている人がいる。精神病の要素は全ての人が持っている。それが発症するかしないかだそうです。 一度発症してしまうと 状態は良くなっても 治らないらしい・・・。

その彼は 多少感情の起伏は激しいけど 薬さえきちんと飲んでいれば 日常生活に支障はない。傍から見ても全然わからない。でも 彼は自覚している。だから きちんと薬を飲んでいる。

そんな彼が 3年前 結婚した。彼女も うつ病だ。  結婚生活はやはり大変な事もあるらしい。でも 幸せなようです。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ワイルド・エンジェル

Photo

美女3人が繰り広げる 痛快アクションドラマ

ドイツ版「チャーリーズ・エンジェル」

「チャーリーズ・エンジェル」は未見なんだけど・・・・。

ボクシングで大男をいとも簡単にKOできる腕っ節の強い クリス(執行猶予中)

銀行の頭取のご令嬢 お金で物を言わせる射撃の名手 フランツィスカ

新米警官の レーナ(父親も警察官)

ドラマは 軍の工場 大爆発!窓を割っての3人のダイブ!!から始まります。

全く見ず知らずの3人が 事件に巻き込まれ 友情を育み 一致団結して悪と戦うというストーリーですが それぞれの個性と それぞれの魅力と それぞれの武器が 光ってます。

TVドラマのシリーズらしいのですが ドラマだからなんてバカに出来ませんよ!

カーチェイスは勿論 ヘリコプターやボート 戦車まで出てきてのアクションシーン。しかも女性が! 予算的なもので CGよりもスタントマンを使ってますが 私は その方が好きですね~。

ブログ友達に勧められて観たのですが とっても楽しかった!!!

美人で逞しくて強くてしたたかでカッコイイ3人組の 痛快なアクション!スカッとします!私は クリスがお気に入りですね!

続編で「スパイ・エンジェル」も出ているそうなので こちらもチェック!

本家?の「チャーリーズ・エンジェル」も観てみようっと。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

シティ・オブ・ゴッド

Photo

ここ最近 バイオレンス物のDVDを 立て続けに観ている・・・。

別に バイオレンス映画が好きなわけではないのに・・・。

スカッと痛快アクション映画と違って 人間を見てしまうので つい 理屈抜きに観れない・・・。なんで?って考えてしまう・・・。

だから お気に入りのバイオレンス映画は少ない。

1960年代後半のブラジルの貧民街 その名も 『シティ・オブ・ゴッド』 神の街

カメラマンを目指す主人公 ブスカペの目を通して 少年時代からの街の様子や人物達が紹介されていく オムニバスのような ストーリー展開。

神の街は 銃を使った強盗や殺人が日常茶飯事(あと 麻薬もね)で しかも そのギャングたちは10代の少年・・・。 リトル・ダイスは 子供のとき 強盗のギャング集団に加わり 彼は 幼いので強盗の現場(モーテル)には入らせてもらえなかったのに ギャング達を帰らせた後 一人残って モーテルの客達を 皆殺しに・・・。人を殺す快感を覚えてしまった少年リトル・ダイスはその後 行方をくらますが リトル・ゼと改名し 街最強のワルとなって帰って来る。

街には ちびっこギャングもいて(5歳~10歳くらいまでの集団) 繰り返し強盗を行っていた。それが邪魔な リトル・ゼは 子供達に とても残忍な方法で威嚇する。 そりゃーあんまりだろー!と つい眉間に皺が寄ってしまう・・・。泣きながら必死に逃げていく子供の後姿が忘れられません・・・。

そんな リトル・ゼにも唯一の親友がいて 彼が殺されてしまったのをきっかけに 縄張りと権力争いの戦争が始まる。リトル・ゼを抑えられていた人間がいなくなったのだから もう 鎖を外された キングコング状態でしょう!

リトル・ゼに対抗するグループには 真面目に働いていた青年が リトル・ゼに彼女をレイプされ 弟を殺された復讐として加わった。

最初 彼は 強盗や無駄な殺人はしないという ルールをつくった。 そのルールに例外ができた。 そのうち 例外がルールになった。 これは 物凄い説得力あります!人間を見た!って感じがします。

ラストには どんでん返しがあり とにかく 全体を通して 衝撃的な作品です。

かなり 痛い(心が)です。ダークです。

何が切ないって まだまだ 子供なんだよ君達!って・・・。

生きるために殺す。 その街の神になるために・・・。そして それは繰り返される・・・。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

雪かよ!

天気予報で言ってましたが 本当に こんなに積もると思っていなかった 雪ーーー!!!

今日は 北千住シアター1010に 物販のお手伝いで行って来ました。 今年 初めて 化粧したもので(おい!) 家を出る予定時間を5分過ぎてしまった。(化粧時間5分かよ!) 電車に乗り遅れたらいけないと思い 駅まで急ぎ足で・・・。

でも・・・雪ーーー!!!風が一定方向に吹いてないから 傘をあっちこっち向けながら 急ぎ足で・・・。でも・・・雪ーーー!!!思うように 急げない! 

ふと 気付きました。 これって ダイエットに いいんじゃね?だって 駅に着いた時には 汗が・・・。 マフラーを即はずしました。

でも 汗がひくと やっぱり さみーーー!!!

無事に 時間前に現場にたどり着き お手伝い開始。 本番中は 芝居を観させてもらいました。

私 音楽って詳しくないのですが 貴水博之さんって 凄い 人気なんですね~。ポストカードが売れる売れる! 朗読劇だったのですが 後半 ちらっと 歌声を披露・・・。ビックリするほどの 高音! 最初 女性が歌ってると思いました。 もうちょっと聴きたいと思わせる歌声でございました!

お菓子やら恵方巻きやら お土産にいただき とっても得した気分の一日でした!

そして 家に帰って 「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド」を観ました!

シリーズの映画って 一作目が一番面白くて 一作目を超えられないのがありますが このシリーズは 面白いですねぇ~・・・。

今回も ハラハラ ドキドキ ワクワクさせてもらいました♪笑えるし。

ただ ジャック・スパロウの出番が かなり少なかったように思ったのは 私だけ?

あと 気になるのは デイヴィ・ジョーンズの恋物語の結末・・・?彼は 死んでしまったの?カリプソは どこへ?

このシリーズは続けて欲しいなぁ~・・・。

この映画の撮影は勿論大変だと思うけど 楽しそうだな~・・・。いいなぁ・・・。

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ

 

| | コメント (8) | トラックバック (1)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »