« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

終了しました~

Photo

『人生の扉』お陰様で無事に公演終了しました~。

打ち上げは アトリエでアットホームに手作り料理で!

肉じゃが 栗と鶏肉のクリーム煮 ポテトサラダ 卵焼き etc・・・。そして メインの石狩鍋!

美味しゅうございました♪

私は 終電気にしなくていいようにと 原チャリで行った為 お酒は飲めませんでした。なのに 話が尽きなくて 結局朝まで・・・。だったら 電車にすればよかったなぁ・・・。

今回 いろんな事で大変な事もありましたが 終わってみると楽しかったな~・・・!

愛すべきいいやつらの集団で 改めて 仲間の良さを痛感しました。その空気がお客様に伝わったのでしょう・・・。予想以上に大変ご好評頂きました!!!ご来場くださいました皆様 ありがとうございましたー!!!

ご来場頂けなくても 応援メッセージを送ってくださいました皆様 感謝!!!励ましのお言葉を胸に頑張りましたー。

本番中 多少のハプニング等ありましたが それも生ならではの楽しみ!?カーテンコールでの皆様の温かい拍手に包まれると感無量です!正直 体はきつくても やっぱ 止められませーん。これからも この愉快な仲間たちと いい芝居をつくっていけたらいいなぁ・・・。

「劇」小劇場の 劇場スタッフさんが これまたとてもいい人達で いたれりつくせりで大変お世話になりました!!!

人との良い出会い・・・。これは 財産ですね・・・。

明日から 日常生活・・・。はぁ~(溜息)・・・。バイトしなきゃ・・・。

今から 腰痛の治療を含め 銭湯に行って疲れを癒してきます~!

にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

中日です

Photo 今日は 中日(なかび・・・野球チームじゃないよ)!

下北沢「劇」小劇場の入り口でーす。

芝居が始まると楽屋に戻ってくる暇のない 主人公たかし役のモモさん お疲れ様です~!

残り3日 頑張りましょう!

昨日は7月のプロデュース公演「上海そして東京の屋根の下で」で殺陣をつけてくださる柴崎先生が来て下さいました!先生をご紹介してくださったり いろいろご協力を頂いている 剣激隊のヒミコさん ありがとうございます~!

お2人がいらっしゃることを知っていた私は ドキドキでした・・・。長ゼリ(一人で喋る長いセリフ)の時は 足が震えていました・・・。

お世辞かもしれませんが 楽しんでいただけて何よりです!

残り3日も 楽しんで頑張ります♪

Photo_2

そうそう・・・。

ふと気付けば 桜 満開なんですねーーー!

この写真は 私の家のベランダの目の前の桜です。

家の周りは 前後左右 いっぱい桜の木があるんですよ。 なので この季節は眼の保養になります。

最近 寒いと思っていたら 花冷えだったんですねぇ・・・。土日が見頃だそうですが 私達は公演中でございます・・・。

花見もいいけど 芝居もね!

にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初日を迎えましたー!

Photo

サンハロンシアター第13回公演

「人生の扉」

初日を迎える事が出来ました~!!!

写真は 初日打ち上げでございます~。

(写真に写っているのは参加人数の半分です)

幕が開いてしまいましたよ!いろんな事がありましたが 無事に初日を迎える事が出来て皆様に感謝・・・。

本日のお客様は実に温かいお客様で 笑って頂けたので ホッと一安心!

でも 毎回そうですが 稽古場で 出演者達が笑うシーンと本番でお客様が笑ってくださるシーンは違います・・・。

このセリフはいろんな事を想像しながら観てくれているお客様にはウケルだろうなぁ・・・。と予測している事はありますが 予想以上に笑いが起こると 次のセリフは 笑いが収まるまでちょっと待った方がいいのか 芝居のテンポを変えずにどんどん言った方がいいのか悩み所です・・・。でもそれが ライブのいい所でもあります!

今日のお客様は 温かく見守って下さいましたが 毎回温かいお客様ばかりとも限らないし 役者の微妙なテンポのズレで 笑えなかったりと 楽日まで 何が起こるか分からないのも ライブならではです・・・。

そうそう!今日 本番直前に舞台袖のランプの電球が切れてしまい 袖にスタンバイしている小道具が見えない!というハプニングもありました・・・。これもライブです。

映画も面白いけど やっぱりライブはいろんな意味で刺激的で面白い!

あと5ステージ 無事に怪我人が出ずに終わってくれる事を願います・・・。何しろ 平均年齢が高いもので・・・。

でも明日の入り時間はゆっくりなので 久々にゆっくり寝まーす!

たくさんの方が観に来て下さいますように・・・。

にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

「人生の扉」もうすぐ本番!

そうなんですよ~!!!

稽古場で稽古出来るのもあと2日!月曜日には小屋入りして 舞台のセッティングと場当たり(照明の位置を決めたり 音のきっかけや 舞台セットの転換作業)・・・。火曜日にゲネプロ(全て本番通りのリハーサル)・・・。水曜日は 本番ですよーーー!!!

もう ハラハラドキドキです。

今回 いろんな諸事情で 稽古開始が遅れ この芝居どーなっちゃうんだろー!?なんて不安にもなりましたが いい芝居になりそうです!

「人生の扉」 竹内まりやさんのニューシングルのタイトルと同じなのですが 最初 重いタイトルだなーなんて思ってましたが うん いいタイトルかも・・・。と思う今日この頃です。

人生は一度きり。人それぞれ いろんな人生の扉がありますよね。

うん・・・。好きなテーマです!

人生 くじけたり 躓いたり 失敗したりの連続かもしれないけど みんなが 幸せになれるといいなぁー・・・と・・・。しみじみ・・・思います。

今回登場する人物は 不器用な人間ばかりです。だから ほんの些細な事でもその本人にとっては大問題だったり とっても幸せだったり・・・。そんな人達を愛しく思える作品です。いい大人達が くだらない事でも 落ち込んだり 傷ついたり 喜んだり・・・。そんな 大人がいるのも ステキかも・・・。いたっていいじゃん!人間 年齢に関係なく 素直になれるって いい事だと思いません?現実は なかなかそうは行かない事が多々あるかもしれませんが だからこそ!なんだと思います。

そんな 不器用な登場人物達を 温かく見守ってください。

お時間のある方 ぜひ 劇場まで足をお運び下さい!

ハートフルコメディーです。

にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

ウマッ!

うちの劇団は有り難い事に アトリエ(稽古場)があるので 稽古が終わってその場で飲み会が出来るんです!一人一コインでお酒とつまみを買って小宴会が出来ます。

役者さんて 酒飲みが多い!!!もちろん 私も酒好き!

ただ 私は原チャリで稽古場に通っているため 飲めません・・・。

で 昨日 稽古場にあった 日本酒を(公演祝い等で頂いた差し入れのひとつ)一瓶貰って帰りました・・・。数人の同意のもとで・・・。(全員の合意でなくてすみませーーーん!)

Photo

『男山』特別純米酒「歌麿」

ラベルがお洒落で粋です!

北海道のお酒です。

私 元々は下戸だったんですよーーーー!

それが 役者の先輩に

「お前は酒飲めないから芝居できない(下手)なんだよ!」

と言われ じゃーお酒飲めるようになったら芝居できるのか!?(上手くなれるのか!?)と思い 飲めるようになる努力(?)をして 現在に至る・・・。

それでも 日本酒は苦手だったのが ここ数年 日本酒も美味しいと感じるようになって・・・。

この『男山』「歌麿」美味いっす!!!

私 かなりの辛党なのですが甘い物(ケーキやチョコレート あんこも)も大好き♪でも飲み物は甘いの苦手で・・・。(甘い飲み物飲んで 喉の渇き癒されます?)

なので お酒も 甘いカクテルや甘いサワー。甘口のワイン 日本酒は苦手なんです。

日本酒は滅多に飲まないので詳しくわかりませんが とにかく この『男山』は かなり好みです!!!

もう↑の写真より だいぶ減っていますが・・・。これはヤバイ(飲み過ぎてしまう)・・・。

昔(まだ 日本酒の美味しさが分からなかった頃) 着物のコンパニオンをしていた時 日本酒飲み過ぎて 帰りの電車で着物一式電車に置き忘れてしまった苦い経験があります・・・。勿論すぐに忘れ物で問い合わせしたのですが 出てきませんでした・・・。

最近 源チャリ生活で外で飲む機会が減ったため 帰ってから地元で飲むか 家で飲むかなのですが それはそれで まぁいいものです。

お酒を飲めるようになって(むしろ 好き) 芝居できるようになったでしょうか・・・?それは答えはNOです。でも その先輩が言いたかった事は なんとなーく分かる気がするようになりました。もちろん下戸でも 素晴らしい役者さんは いっぱいいます!

私の場合 厚い壁をつくってしまう所があるわけですよ・・・。その壁を削る手段として お酒の力を借りるのも 有り かなぁと・・・。それは 芝居にも通じるところがあって・・・。

わけ分かんないかもしれませんが 私 今 ほろ酔い気分なので ごめんなさい。

なんだかんだ言って この記事書くのに 1時間以上たってるし・・・。(そんな時間あったら台本読めって!)

稽古日数 残り4日・・・。

最後の最後まで 頑張ります!!!

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

そりゃないだろー・・・

今 毎日稽古場に原付で通っているのですが 昨日の夜の帰り道 広い道路から狭い道路に曲がったら 突然の渋滞・・・。

いつもは 空いている道路なのに・・・。

何だろうと思いつつ 原チャリの特権?で 車の脇をすり抜け 先頭に・・・行こうと思ったら 先頭の車はパトカーでした!さすがに追い越せなかった・・・。(30キロで走っても追い越せたけど)

制限速度40キロの道路を30キロ以下で走ってたんです・・・。市民の安全を守るためのパトロールはありがたいのですが 車線の多い道路でゆっくり走って下さいよ~!渋滞するほどゆっくり走るのはいかがなものでしょう・・・?挙句に 青信号がそろそろ黄色になりそうなとき 行くか止まるか迷ったんでしょうね 間に合わなくて黄色になって 渡れずに止まったが 停止線越えてるし!それ ダメじゃん!制限速度で走ってたら 渡れたのに・・・。

こちとら 稽古帰りで 早く家に帰ってビール飲みたいんじゃー!

3月と言えば 年度末・・・。点数稼ぎが大変なのはわかりますが この時期 本当に極端なくらい パトカー増えますよね~・・・。(昨年の3月 まんまと捕まったので 今年は慎重です!)みなさん気をつけましょう!

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

テルマ&ルイーズ

Photo_4 私が この映画を観たのは15年くらい前でした。

当時 かなりの衝撃を受け 感動して 興奮して シナリオまで買い込みました!

そして15年くらいたった今 再び観たこの映画。

やっぱり好きです この映画!

リドリー・スコット やっぱりいいですねー・・・。

夫に虐げられながらもその生活に甘んじているいわゆる平凡な主婦テルマとツライ過去を持ちながらも自由気ままにウェートレスで生計をたてているルイーズのロードムービー。

友達の別荘に遊びに行く計画をたて 車で向かう途中 BARで ちょっとハメをはずしてしまったテルマ・・・。危うく男にレイプされそうに!危機一髪のところで ルイーズが助けに入る。最初は銃で脅かしただけなのに 男が余計な一言を言ったもんだから 撃ち殺してしまった!

彼女たちの逃避行が始まります。

途中 ルイーズはお金の送金をしてもらったのに ハンサムな若い青年J.Dにテルマがまんまと騙し取られ 一文無しに・・・。そのJ.D役はなんと 無名時代のブラッド・ピット!とーってもキュートでセクシーな青年でありました!!!(ブラピはこれでブレイクしたとか・・・)

お金が無くなっって途方にくれるルイーズ・・・。彼女は勝気な性格だったのに すっかり意気消沈・・・。責任を感じたテルマは なんと強盗を!気が弱く夫の言いなりだったテルマが・・・。

2人は 明るく楽しく逃避行!でも事態はどんどん深刻に・・・。唯一2人の味方の警部がいて なんとか2人を助け出したいと思っているのですが どんどん悪い状況に追い込まれていくテルマとルーズ。

2人の友情は高まり 絆を確かめ合う。

最終的に追い込まれた2人のとった行動は・・・。

普通の日常から一変して 指名手配犯になってしまった2人の物語なのですが 登場人物の人物像がよく描かれていて とにかく2人がカッコイイ!切なかったり おかしかったり ドキドキワクワクハラハラの連続。スカッとしたロードムービーです。

主人公の女性2人が若い女の子じゃないから臨場感あっていいんです!元気になれます。

私のお気に入りの映画のひとつです!

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

筋肉痛・・・

Ken4 その右手(足だけど)は何?

だらけきっとるなぁー・・・・

また 不貞腐れてるのか?

今日も 稽古から帰ると カリカリが棚から落とされ飛び散ってました・・・確信犯め!

筋肉痛・・・。手のひらが・・・。

手のひらが筋肉痛なんて 小学校の鉄棒又はうんてい以来だ・・・。ちなみに 鉄棒はかなり得意でした!

今 バイト先でいつもと違う仕事をやらされていて ドライバーでネジを締めているだけなのですが・・・。これが結構力いるんですよ~。手の皮が剥けるくらい!

でもそのバイトも明日まで!公演が終わるまでお休みでーーーす。金曜日からいよいよ連日稽古の追い込みでございまーす。勝負どころですよ!!!

うちの子(↑写真)も 更に 不貞腐れる事でしょう!でも お願いだから 台本読んでるの邪魔しないでネ。

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

まりこのハタキ 受付でした

Mariko_2 サンハロン企画プロデュースライブin新宿たかのや

「まりこのハタキ」第3弾!!!

この日 私は空手のレッスン後バイクで新宿に・・・。

受付してきました~。

私が ライブハウスに着いた時はリハーサルの真っ最中でした。みなさん真剣に取り組んでいる中 受付の準備に・・・。

本番前の緊張感っていいですよねー!ワクワクとドキドキが!

いよいよライブが始まり 私は会場で観る事は出来なかったのですが 受付にも届いたみなさんのステキなコーラスに耳を傾けておりました!始まってから20分くらいたってから 一人のお客様が・・・。

「知り合いの出演者はいらっしゃいますか?」

「いえいえ ちょっと 近所に用事があって来て チラシを見て来てみました。」

芝居や映画だと途中からだと入りにくいですが ライブだとすんなり入れていいですよね!

しかも その通りすがりのお客様は ライブ後に満面の笑みで

「とっても楽しませていただきました ありがとうございました!(いえいえ お礼を言うのはこちらの方です!)今後のスケジュールを教えてください。」と!!!

なんか うれしいですよねー・・・。そう言えば そのご婦人 途中から入ったため 脇の長椅子に座ってらっしゃったのが 休憩後は 一番前に移動してました。

このようなお客様が どんどん増えていってくれるとステキだぁ~!

『まりこのハタキ』は 今後地方にも進出予定です。みなさんの町に行くかも!?

あぁ~ 私も歌が歌えたらなぁーーー・・・。

にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生の扉2

Jinnsei

前回 チラシの表を掲載したので 今回は裏を掲載してみました・・・。

あと2週間ちょいで 本番でございます!!!

今の時代 寿命も延びて どんどん便利になって みなさんいろんな人生を送っていらっしゃるでしょう・・・。いろんな扉も持っている事でしょう・・・。

私が開いてしまった人生の扉の1つが 芝居の世界です。この扉を開いてしまったのは 果たしてよかったのかどうかは・・・まだ 分かりませんが 閉じる気はないし 私のライフワークなので まぁ良しとしましょう!

今回の芝居 タイトルは 重い感じがしますが 内容は 爽やかな(?)中学生日記のような感じ(?) この爽やかな(?)中学生日記をオジサンオバサンがやると どーなるでしょう!?そうなんです。今回の出演者11名中 20代(しかも20代前半ではありません)は たった一人!!!平均年齢は 怖くて計算できません・・・。

あ でも みんな中学生役をやるわけではないので ご安心を・・・。

サンハロンシアター公演 『人生の扉』

下北沢 「劇」小劇場にて

26(水)       19時

27(木)       19時

28(金)       19時

29(土) 14時   19時

30(日) 14時

※開場は開演の30分前です。

皆様 お待ちしております~♪

にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

それでもボクはやってない

Photo_5  裁判もの 好きなんです。

宅配レンタルがずーっと貸出不可で 地元のビデオ屋でもいつまで待っても 全て貸し出し中・・・。

そしたら 土曜日にTV放映!!!

もちろん 録画しましたよー!

やっと観ることが出来た この映画。うーん。面白かったです!

女子中学生に電車で痴漢と間違われ 拘留されるも ひたすら否認をし続け 裁判になるという とても解りやすい映画です。

冤罪をテーマにした物語は 無実を訴え続け 裁判で見事無罪を勝ち取るも 実は有罪だった と言うストーリーや さて はたしてこの人実際は 有罪無罪どちらなのでしょう?と観客に答えを委ねるパターン等色々ありますが この映画の主人公は 完全に冤罪でつくられています。 なので 観客も被告側の立場で映画に感情移入しているわけです。

裁判・・・はっきり言って 怖いですね・・・。だって 公平じゃないんだもん!!!私は しっかり主人公に感情移入しちゃいましたね。女なのに。痴漢を無罪にしてしまうと 警察に恥をかかせ 国家権力を敵に回す・・・。無罪にしても なんのメリットもない・・・。それでいいのか!?そんなんでいいのか 裁判て。(だって 実際に あいつは 絶対黒だろー!?と思ってた人が無罪になったりしてるでしょ?) 所詮 人間のやってる事なんだなぁ~・・・って思っちゃいました。

でも実際 痴漢をしていて罪に問われない人もいて 裁判で無罪率(この映画では 99.9パーセント有罪になってしまうと言っていた)が増えてしまったら 痴漢する人も減らないわけで・・・。(あれ?痴女で訴えられた人っているのかしら・・・?)

そうだ!この世から 痴漢なんていなくなればいいんだーーー!(・・・痴漢されるのが好きな女性もいるのかしら・・・?癖だからねぇ・・・。需要と供給?)(一部を除く女性は痴漢なんて死んじゃえ!と思っている と 思う)

それでも この主人公は やってないんですもん!女の立場としての発言は映画でしっかり女弁護士役の瀬戸さんが言ってくださいました。痴漢の弁護なんて出来ませんと言っていた彼女が 主人公の無実を信じ始め 完全に弁護に回りました。

何しろ 主人公の被告人 金子徹平役の加瀬くんが好演。ホントにどこにでもいそうな 頼りなげな青年役 良かったですねー!アイドルじゃあの役はできません!

真実は神のみぞ知る・・・そんなのは嘘だ。少なくともボクだけは真実を知っている。裁判官は間違っている。だからボクは裁判官を裁ける。」(うる覚えですが そんな感じのセリフ)最後のセリフ。これは効いてます!彼は この後も戦い続けるでしょう!ガンバレ青年!

ただ・・ねぇ・・・今後 再開される 裁判員制度。私は 日本人には向いていないんじゃないかと・・・。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

ある日の出来事

先週の土曜日に うちの劇団と繋がりのある 歌手 水木ノアさんのソロライブに行きました。

昼間は今度の公演の稽古をしていて その後6人で行ったのですが 稽古が終わってお腹がすいていたので 中野で食事をしてから行こうという事になり あまり時間も無かったので 某牛丼屋で・・・。

食事をしていたら 酔っ払い風のおじさんが入ってきて 突然 目の前にいた食事中のおじさんと 言い争いが始まりました!

店の空気は一瞬緊張に包まれました!殴り合いが始まるかとドキっとしました!

しかーし! 絡まれた方のおじさんが 「 私は49歳だ!」・・・。酔っ払い風のおじさん「 おれは62歳だ!この若造がぁ!」

それを聞いた うちらは プっとなり 耳がダンボ状態に・・・。

その後 酔っ払いのおじさんは「 俺は 3億円の犯人を知ってるんだ!」から始まり ロス疑惑の話になり 法政大学を出て等 自慢話になり 最後は朝青龍の話で 店長に追い出されました。

うちらは 下を向いたり 横を向いたりしながら 笑いを噛み締めていました。

店長が「 みなさんお騒がせしまして申し訳ありませんでした。」と頭を下げていらっしゃいましたが「 いえいえ むしろ良いものを見させて頂きました。」と声に出して言ったのは だーれだ?

オマケに ドアを開けっ放しで帰った酔っ払いのおじさん。 女性の店員が棒を取り出し カウンターの中から その棒でドアを閉めようとして ガクンと失敗し カウンターから出てきて 手でドアを閉めました。

今まで噛み締めていた笑いは 堪えきれず 笑い声に・・・。

これ ネタじゃないか!?と思えるくらいでした。だって 酔っ払いのコント そのまんま!!

池袋や新宿だったら殴り合いになってるんだろうなぁ・・・。中野は のどかな町だぁ。

しかし 喧嘩してるのに 見ず知らずの喧嘩の相手に自慢話を始めるおじさん・・・なんか悲しいネ・・・。まだ19時だったのに酔っ払ってるって・・・。おじさんの悲哀を感じました。

申し訳ないけど 役者業をしているうちらには 人間観察の勉強になりました。

店を出た後 みんなでひとしきりその話題で盛り上がり いざ ライブへ!

感動しましたよー!感想を読みたい人は サンハロンシアターHPの稽古場日誌で・・・。

http://www.3farlong.com/

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

バベル

Photo_4

国は違っても みんな 抱えてる闇は同じ

モロッコ メキシコ アメリカ 日本を舞台にしたヒューマンドラマ

その国の日常・・・

ひとつの銃が起こす悲劇

これ いろんな人のレビューを見ましたが あまり 評判がよろしくない・・・。

賛否両論説がほとんどですよね・・・?なのですが 観たかったんですよね~!なので観ました。

ぶっちゃけ 私は好きな映画でした。

全世界の人々が 苦しんで叫んでる・・・。結構 テーマがずーーーんと来ました。

その叫びは 過ちをおかしてしまったり 自分の存在を分かって欲しいもどかしさだったり いろいろありますが 今 こうして私がブログを書いている時にも 叫んでいる人がいるのでしょうね・・・。

自分の子供が死んで 怖くて逃げ出してしまった夫 リチャードを演じるブラピ。その夫を責めている妻 スーザンを演じるケイト・ブランシェット。 ビックリしたのは ブラピの顔!あのハンサムなお顔が 皺だらけ!?これはメイクなのか?歳をとった自顔なのか?とにかく カッコイイ筈のブラピが かっこよくなかったのが 私的には リアルでよかったんですよねー・・・。最初 ひたすらイライラしていたスーザンが撃たれて 段々気弱になって やっぱり最終的には 夫を愛していて 夫に頼っていく様もよく描かれていたと思います。

そう!この銃を撃ったのが モロッコの少年のイタズラってのが 痛い!これは やっぱり 子供に銃を渡した父親が悪いだろー!!!しかし 弟が姉の着替えを覗き見るって どーなの?しかも 姉が挑発!娯楽の無いモロッコの片田舎ではありがちな事なのだろうか・・・?それとも その町での中でも変わった家族だったのかは わかりませんが・・・。おもちゃを与えられ(本物の猟銃ですが) 遊びの延長が人を傷つけ しかも旅行客ときたもんだ。家族は そりゃぁ 追い込まれますよ。

その猟銃の元の持ち主が ヤスジロー(役名がヤスジローって・・・)を演じる役所広司。そして聾唖者の高校生の娘チエコを演じる菊地凛子。母親が銃で自殺。第一発見者が娘。仕事に忙しく 娘とうまくコミュニケーションとれない父親。 娘とうまくいってない父親って日本にありがちなのかもしれないけど 大都会のかなり豪華な高層マンションに住んでて 父親の趣味が猟で 母親が銃で自殺は リアルな感じはしませんよねー・・・。しかも 聾唖者の娘って テーマを力技で出しすぎで 現実味が・・・。聾唖者の娘が悪い友達(女友達はみんな聾唖者)とつるんで ドラッグをポケット瓶のウイスキーで流し込む・・・。実際にあるかどうか分からないけど それは日本じゃないだろー! 機嫌の悪いチエコに対して「処女だからイライラしてんのよ!」「あんたの父親と寝て機嫌直すわ!」この会話(手話です)も 日本じゃないだろー!

とにかく 日本でのシーンは 不満だらけでした・・・。日本てそーゆーイメージなのか?

ただ 菊地凛子さんの目力は スゴイ!!!口の利けない役だから 喋れない分目で表現しなきゃいけないわけで なんか 物凄い訴える眼でしたね・・・。刑事に全裸で迫るシーンは必要だったのか・・・?

全体的にストレート過ぎる感じはありましたね・・・。

私が一番共感できたのは リチャード(ブラピ)夫妻の子供の世話をしている アメリアですね。

メキシコに住む息子の結婚式に出る予定が リチャード夫妻の事故で2人が帰って来れなくて しょうがなく彼らの子供を連れて メキシコに帰るアメリア。

楽しいひとときを過ごし アメリカに帰る途中の国境での悲劇・・・。彼女が身も心もボロボロになって「助けてー!」と叫ぶ姿は 心に残ります。警察署で 涙ながらに訴えるアメリア・・・。化粧もボロボロに崩れ いかにも いそうなオバサン。これはリアルでしたね!

たったひとつの猟銃が 各国をめぐってもたらす悲劇。繋がり方は良いのですが ストレート過ぎる表現と日本が・・・。惜しい・・・。だって 日本人の猟銃って時点で・・・説得力が・・・と思いません?

でも 作品的には かなり好きなテーマです。モロッコの人やメキシコの人も 俺の国はこんなんじゃない!って思っているのかしら・・・?

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »