« 手帳 | トップページ | ある日の出来事 »

バベル

Photo_4

国は違っても みんな 抱えてる闇は同じ

モロッコ メキシコ アメリカ 日本を舞台にしたヒューマンドラマ

その国の日常・・・

ひとつの銃が起こす悲劇

これ いろんな人のレビューを見ましたが あまり 評判がよろしくない・・・。

賛否両論説がほとんどですよね・・・?なのですが 観たかったんですよね~!なので観ました。

ぶっちゃけ 私は好きな映画でした。

全世界の人々が 苦しんで叫んでる・・・。結構 テーマがずーーーんと来ました。

その叫びは 過ちをおかしてしまったり 自分の存在を分かって欲しいもどかしさだったり いろいろありますが 今 こうして私がブログを書いている時にも 叫んでいる人がいるのでしょうね・・・。

自分の子供が死んで 怖くて逃げ出してしまった夫 リチャードを演じるブラピ。その夫を責めている妻 スーザンを演じるケイト・ブランシェット。 ビックリしたのは ブラピの顔!あのハンサムなお顔が 皺だらけ!?これはメイクなのか?歳をとった自顔なのか?とにかく カッコイイ筈のブラピが かっこよくなかったのが 私的には リアルでよかったんですよねー・・・。最初 ひたすらイライラしていたスーザンが撃たれて 段々気弱になって やっぱり最終的には 夫を愛していて 夫に頼っていく様もよく描かれていたと思います。

そう!この銃を撃ったのが モロッコの少年のイタズラってのが 痛い!これは やっぱり 子供に銃を渡した父親が悪いだろー!!!しかし 弟が姉の着替えを覗き見るって どーなの?しかも 姉が挑発!娯楽の無いモロッコの片田舎ではありがちな事なのだろうか・・・?それとも その町での中でも変わった家族だったのかは わかりませんが・・・。おもちゃを与えられ(本物の猟銃ですが) 遊びの延長が人を傷つけ しかも旅行客ときたもんだ。家族は そりゃぁ 追い込まれますよ。

その猟銃の元の持ち主が ヤスジロー(役名がヤスジローって・・・)を演じる役所広司。そして聾唖者の高校生の娘チエコを演じる菊地凛子。母親が銃で自殺。第一発見者が娘。仕事に忙しく 娘とうまくコミュニケーションとれない父親。 娘とうまくいってない父親って日本にありがちなのかもしれないけど 大都会のかなり豪華な高層マンションに住んでて 父親の趣味が猟で 母親が銃で自殺は リアルな感じはしませんよねー・・・。しかも 聾唖者の娘って テーマを力技で出しすぎで 現実味が・・・。聾唖者の娘が悪い友達(女友達はみんな聾唖者)とつるんで ドラッグをポケット瓶のウイスキーで流し込む・・・。実際にあるかどうか分からないけど それは日本じゃないだろー! 機嫌の悪いチエコに対して「処女だからイライラしてんのよ!」「あんたの父親と寝て機嫌直すわ!」この会話(手話です)も 日本じゃないだろー!

とにかく 日本でのシーンは 不満だらけでした・・・。日本てそーゆーイメージなのか?

ただ 菊地凛子さんの目力は スゴイ!!!口の利けない役だから 喋れない分目で表現しなきゃいけないわけで なんか 物凄い訴える眼でしたね・・・。刑事に全裸で迫るシーンは必要だったのか・・・?

全体的にストレート過ぎる感じはありましたね・・・。

私が一番共感できたのは リチャード(ブラピ)夫妻の子供の世話をしている アメリアですね。

メキシコに住む息子の結婚式に出る予定が リチャード夫妻の事故で2人が帰って来れなくて しょうがなく彼らの子供を連れて メキシコに帰るアメリア。

楽しいひとときを過ごし アメリカに帰る途中の国境での悲劇・・・。彼女が身も心もボロボロになって「助けてー!」と叫ぶ姿は 心に残ります。警察署で 涙ながらに訴えるアメリア・・・。化粧もボロボロに崩れ いかにも いそうなオバサン。これはリアルでしたね!

たったひとつの猟銃が 各国をめぐってもたらす悲劇。繋がり方は良いのですが ストレート過ぎる表現と日本が・・・。惜しい・・・。だって 日本人の猟銃って時点で・・・説得力が・・・と思いません?

でも 作品的には かなり好きなテーマです。モロッコの人やメキシコの人も 俺の国はこんなんじゃない!って思っているのかしら・・・?

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 手帳 | トップページ | ある日の出来事 »

映画」カテゴリの記事

コメント

>私にちょっと表現しがたい
私には、の間違いでした(^^;)

投稿: ray | 2008年3月 2日 (日) 13時19分

コメントが消えてる!?
あぅ、出直します(^^;)

投稿: ray | 2008年3月 2日 (日) 13時20分

こんにちは~。

私も思います。

日本人が猟銃片手に外国に出かけて行った挙句、
お世話になったからって、現地の人にプレゼントしちゃっていいのか!

・・・と思いました(^^;

でも、チエコが刑事さんに渡した手紙の内容がちょっと気になります。

投稿: ちえこ | 2008年3月 2日 (日) 16時07分

>rayさん
再びお待ちしておりますhappy02


>ちえこさん
チエコが刑事さんに渡した手紙の内容・・・。
私は チエコが母親は飛び降りて自殺したと言っていたのが 実は 銃で頭を撃ってしまったと・・。そして そんな嘘を付かなければいけない理由や 自分が誰からも相手にされていない寂しさ等が綴られていたのかな?と・・・。
それを読んでいる 刑事の芝居がちょっとあいまいだったので なんとも・・・。
私 刑事役の二階堂さん ダメです・・・。
何も芝居をしないのが いい芝居と勘違いしているタイプに見えてしまいました・・・。

投稿: 詩乃 | 2008年3月 2日 (日) 17時50分

出直して参りました(笑)昨日、結構、長いコメントを書いたんですけど、全部消えてしまっていて、あまりのショック!で(苦笑)すぐ書けませんでした(^^;)私も昨年、観ました☆一発の銃弾が4つの事件を結びつけて行く・・・バベルの塔をモチーフにしたとの事で、言語が伝わらないもどかしさなど、私もベビーシッターのおばさんのストーリーが一番、印象に残ってます。たった一夜の過ちが全てを狂わせてしまい、ボロボロになってさまよう姿は観ていて、悲しくなりました。チエコのあの力眼は確かに凄かったです(^^;)でもあの手紙の内容は謎でしたね。

投稿: ray | 2008年3月 3日 (月) 20時38分

>rayさん
お帰りなさいませ。
自分が書き込んでいるものが消えるってショックですよね!私も 何度か経験あります・・・。

rayさんも観られたんですねー。
私的には 好きなテーマなんですけど 日本の描かれ方はどーなんでしょう・・・?
子守のおばさん よかったですよねー!

投稿: 詩乃 | 2008年3月 3日 (月) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425711/10866973

この記事へのトラックバック一覧です: バベル:

« 手帳 | トップページ | ある日の出来事 »