« 母の眠り | トップページ | プレステージ »

消えた天使

Photo

これまた rayさんが随分前に紹介してくれた映画です。

性犯罪・快楽殺人・・・怖いです・・・

しかも 日常茶飯事で起こっているなんて・・・

日本もヤバイ犯罪が激増してますからねぇ・・・

性犯罪登録者の監視を続けてきた公共安全局のベテラン調査官バベッジ(リチャード・ギア)は 以前 少女を助けられなかった事を悔いて過激な調査(職務を超えた)をしだして以来 会社ではやっかいものの変人扱いで クビを切られる事になる。そこに 新人調査官アリソン(クレア・デインズ)が彼の後がまとして入ってくる。

一人の少女が行方不明になり バベッジが性犯罪登録者の仕業だと確信して 2人で調査を開始する。

最初は バベッジの行き過ぎた調査に嫌悪感を抱き この仕事を辞めたいと言っていたアリソンが バベッジの信念と責任感に次第に感化され 彼を癒してあげられる唯一の存在に・・・。

この映画の良いところのひとつは この2人が 信頼関係を築いても恋心は抱かないところ。だから 安っぽい仕上がりにはなってません。

サスペンスタッチの描き方は 緊張感あってとても良いです!

バベッジは 警察官ではないので 調査できる範囲や行動が限られています。でも市民の安全のために 自分ができる事の全てを費やし 身も心もボロボロのパンク寸前にまで追い込まれます。リチャード・ギアがやりそうな役ではないのに 頑張ってましたね~。

公共安全局の社員達のやる気のなさ 嫌味な上司(ツインピークスに出てましたよね?)は なんだか日本の政治家みたいでした・・・。

夫婦で性犯罪で捕まって 旦那は処刑され残った妻ビオラ(ケイディー・ストリックランド)にファンクラブが出来ているのにはビックリ!ファンレターの「旦那さんが処刑されてお悔やみ申し上げます。」って何だ!?

で 結局 少女を誘拐して監禁していたグループの一員にこのビオラが!人が虐待されているのを見て快感を得るって・・・。しかし このビオラ役の女優さん 迫真の演技でした!鬼気迫るものがありました・・・。怖かった・・・。

性犯罪者って性癖ですからねぇ・・・。刑務所から出てきても改心できるとは思えない・・・。だからアメリカでは登録者として監視してるんですね・・・。

それにしても 犠牲者は女性だけでなく 子供(男女)だったり 老人だったり 手足を切断した写真が高く売れるなんてのも・・・。いろんな性癖があるものです・・・。

つまらないホラーよりずっと怖い社会派ドラマ。日本の将来もこんな社会になってしまうのでしょうか・・・。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 母の眠り | トップページ | プレステージ »

映画」カテゴリの記事

コメント

この映画、性犯罪をリアルに描いていて私も良かったと思いました。ほんと怖いですよね。。。リチャード・ギアが熱血職員を熱演していましたよね!二人の信頼関係もとても良かったと私も思いました♪

投稿: ray | 2008年4月 4日 (金) 00時21分

それにしても何時もimpressedさせれるのは、詩乃さんの映画解説、すごい!の一言です

投稿: 館長 | 2008年4月 4日 (金) 16時44分

>rayさん
リチャード・ギアお好きなんですよね?
私は どちらかというと苦手なんです。なのに彼の作品は結構観てます。「愛と青春~」なんて何回観た事か!彼の出ている映画は 面白い映画が多いです。なのに苦手・・・。なんでだろう・・?
「消えた天使」も印象に残る良い映画でした!

>館長さん
映画解説なんて そんな大袈裟なものじゃないですー!!
面白かったと思う作品を紹介しているだけですよ。いい映画やいい芝居は たくさんの人に観て貰いたいから・・・。
最近 日本映画も頑張っているし 劇場動員も増えているし・・・。後は 芝居ですね・・・。

投稿: 詩乃 | 2008年4月 4日 (金) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425711/12224029

この記事へのトラックバック一覧です: 消えた天使:

« 母の眠り | トップページ | プレステージ »