« 始動開始 | トップページ | パンズ・ラビリンス »

ディフェンディング・ザ・ケイブマン

editaモニタープラザで ご招待いただき 観に行ってまいりました!

この1人芝居 ブロードウェイで1人芝居では最長の2年2ヶ月というロングランヒット

全世界34カ国850万人を動員!という ヒット作らしい。

そして 日本上陸! 2008年4月から 本格本格公演スタートという事で ご招待で観られたなんて ラッキー!

Pict0002_5

舞台セットは 2枚の壁画とイス(下手)とテレビ(上手)という非常にシンプルなもの。

この芝居は 男と女の違いを延々とお話しする 劇というより どちらかと言うと 1人コントのノリに近い。

男と女は原始時代から 行動や感性が全く違う生き物。男は狩。女は収穫。うんうんなるほど・・・。1時間半という 芝居の中で この原始時代はキーポイントとして 所々に入ってくる。上手のテレビの後ろに立っている棒は 小道具の槍です。

Pict0003

主演の渡 猛(わたり たけし)さんは 即興芝居で「S-1グランプリ」初代チャンピオンという実力者!!!

オープニングは映像から始まる。

渡さんと恋人のめぐみさんの同棲生活を無声で流す。無声でも 男と女の行動等の違いがハッキリと分かる。

映像が終わって 渡さんの登場!意外と小柄な体型ですが とてもパワフルで 決して小さくはないステージを1人で 埋めていく・・・。漫才みたいに 中央で動かないで喋っているわけではない。舞台前後 上下を 上手に使って 空間を埋めていく。さすがです。

Pict0004

渡さんは 1人で何役もこなし時には 女になり 時には原始人になり 友人役になりひたすら男女の違いを演じている。

身近な日常の事なので あるある!とか へーそうなんだ!という臨場感や親しみが湧くし説得力があり 何しろ 笑える!!!

脚本上 アメリカ人にはウケルんだろうなーなんてネタもありましたが 会場の多数のお客さんは大爆笑していました。

日本人て 映画観ても芝居観ても 喜怒哀楽の感情表現をしないで 心の中で楽しむ人がほとんどですよね。特に 芝居だと構えて観てしまうので 本当は笑いたいのに 声に出して笑わなかったりする・・・。でも 今回の会場は 温かい空気に包まれていました。

それは やはり 渡さんの熱演によるものでしょう!親しみ深い渡さんが汗だくになって話している姿は とても好感が持てたし やはり上手い!!!

間 リズム 感情表現 客席を見つめる視線 素晴らしかったです。

Pict0006

男女の違いって こんなに面白いんだー!!!勉強になりました。

時には 耳が痛い話もあり 時には そうだそうだ!と共感し あっという間の1時間半でした。

私は 自分も役者をやっています。1人芝居って 難しいんですよ!!!日本にも こんな事ができる役者さんがいるって励みになりますね~。これからの 活躍にも期待しております!残念ながら日本人は文化に対しての意識が低い・・・。みなさん もっと芝居観に行きましょうよ~。生ならではの楽しさがいっぱいありますよ~!

芝居を観るのが苦手な人も楽しめる「ケイブマン」オススメです♪

ブロガー限定無料ご招待! にほんブログ村 演劇ブログへ

|

« 始動開始 | トップページ | パンズ・ラビリンス »

芝居(観劇)」カテゴリの記事

コメント

とても楽しそうなお芝居ですねhappy01
一人で何役も、それも異性の役まで表現するなんて、すごい役者さんですね!!

投稿: 猫道 | 2008年4月21日 (月) 22時17分

>猫道さん
面白かったですよー!
全然飽きなかったです・・・。1人芝居で 飽きさせないって本当にすごい事だと思います。
いろんな所で活躍してくれたら いいですね~!

投稿: 詩乃 | 2008年4月21日 (月) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425711/20444195

この記事へのトラックバック一覧です: ディフェンディング・ザ・ケイブマン:

« 始動開始 | トップページ | パンズ・ラビリンス »