« カニング・キラー 殺戮の沼 | トップページ | 幸せのレシピ »

フロム・ダスク・ティル・ドーン

Photo_2

デス・プルーフとプラネット・テラーに触発されて 改めて観てしまいました!

タランティーノ脚本 ロドリゲス監督

最強のコンビですね!

ジョージ・クルーニーが若い!

凶悪な銀行強盗のゲッコー兄弟! 凶悪だけど 無益な殺生はしないクールな兄セス・ゲッコー(ジョージ・クルーニー)と 凶暴で妄想癖のあるキレた弟リチャード・ゲッコー(タランティーノ)はメキシコに向かうため 牧師家族を人質に逃亡!

そう 最初は 逃亡劇で 警察VSゲッコー兄弟の話なのですが ゲッコー兄弟が仲間のカルロスと待ち合わせした砂漠にある酒場 ティティ・ツイスターに到着してからは なんとバンパイアVS人間の話に!!!

バカげた話なのですが そんな事は どーでもいいくらい 面白い♪

神に仕えていた牧師ジェイコブ(ハーヴェイ・カイテル)が妻の死をキッカケに 牧師を辞めてしまったけど 牧師を人質にした事が ティティ・ツイスターで物凄く活きて来る!上手い!息子のスコットと娘のケイト(ジュリエット・ルイス)も大活躍!親子愛も描かれてます!

とにかく スピード感あり パワーあり なんでもありのオンパレードで メチャメチャ面白い!!やっぱり娯楽映画はこうでなきゃ!何者にも支配されていない 自由な発想でここまでやりたい放題されたら もう お見事ですよ♪潔くて気持ちいい!だって 役者さん達みんな イキイキしてて楽しそうなんですもん!

ただ・・・日本語訳つけた方は 大変だったろうなー・・・。何しろ最初から最後まで 汚い言葉の羅列で 日本語の字幕の上にカタカナで英語読みが付いていたくらい!笑えました・・・。さて この映画の中で ファックと言う言葉 何回出てきたでしょう?ティティ・ツイスターって酒場の名前 日本語訳が おっぱいグルグル ですからねーーー(笑)

この映画のタイトル フロム・ダスク・ティル・ドーン は 夜から(夜中)から明け方まで そう!この酒場の営業時間なんですねー! 明け方 日の光が差し込むとバンパイアは灰になってしまいますからね・・・。 前半の逃亡劇は この酒場のシーンになるまでの助走?なんとも得した気分です!前半のゲッコー兄弟は いけすかない凶悪犯で加害者なのに 後半は被害者ですからね。

笑えるアクションホラームービー!大好きです♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« カニング・キラー 殺戮の沼 | トップページ | 幸せのレシピ »

映画」カテゴリの記事

コメント

これも面白そうな映画ですねhappy01
こちらのブログを読み始めてから
見たい映画がどんどん増えてますscissors
洋画のスラング的な言葉は
結構無理な和訳が多いですよねhappy01

投稿: 猫道 | 2008年4月29日 (火) 01時17分

>猫道さん
この映画 私は大好きなのですが ストーリー重視の方とかには向いていないかも?です。
タランティーノは合う人合わない人がいるみたいなので・・・(汗)

そうなんですよね~・・・。字幕なしで洋画が観たいです!和訳によって 大事なニュアンスが変わってきちゃったりしますからね~・・・。

投稿: 詩乃 | 2008年4月29日 (火) 12時51分

以前見たような気がします
アクション物が好きなので、バンバン撃ち合ったりするほうが、気持ちが良いです(笑)

投稿: ちょい悪 | 2008年4月29日 (火) 13時44分

>ちょい悪さん
この映画 私も最初に観た時はかなーり昔でした!昔の映画を 観直すと また新たな面白みが分かって楽しめます。
私も スカッとするアクション映画大好きです♪

投稿: 詩乃 | 2008年4月29日 (火) 14時39分

コレ面白いですよね!(^^)前半、後半でガラッと変わるのに感心しましたよ。俳優タランティーノとしては最高の作品ではないかな?と。アクション、ホラー、コメディーと、エンタな映画だと思います(^▽^)/

投稿: miyo | 2008年4月29日 (火) 15時47分

>miyoさん
私も 俳優タランティーノの中では これが一番上手い(合ってる)と思いました!
でも 兄弟全然似てねぇー(笑)
ジョージ・クルーニーも 私は これが一番好きです!

投稿: 詩乃 | 2008年4月29日 (火) 16時13分

こんばんは~!
最高ですよね,言うこと無いです♪
前半と後半の展開のドンデン返し
構成に高い感性を感じます。
あの危険な舞台を生き残るのは
容易じゃないでしょうね!
2と3も気になるのですが
ビデオだけなのが残念。
応援させて下さい凸

投稿: hiro | 2008年4月29日 (火) 23時11分

>hiroさん
はい!いい感性してますよね~!!!凡人には無い 突飛な(?)発想!羨ましいです・・・。

そうなんですよー。2 3気になります・・・。
でも 勝手に1を超えられるわけない なんて思ってしまって どうも観たいような観たくないような・・・。

hiroさんのレビューは とても勉強になるので(ポキャブラリーが豊富で感心します!) 私も応援させて頂いてます♪

投稿: 詩乃 | 2008年4月30日 (水) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425711/20616935

この記事へのトラックバック一覧です: フロム・ダスク・ティル・ドーン:

« カニング・キラー 殺戮の沼 | トップページ | 幸せのレシピ »