« 最近の日常 | トップページ | 自転車は車道 »

象の背中

Photo

いかにも 泣かせます系のベタな物語。私 意外と弱いんですよねー。泣かせよう泣かせようと意気込んでいる物語・・・。絶対泣かないと覚悟して観るのですが つい貰い泣きしてしまう・・・。

始まりは いきなりの癌宣告 しかも余命半年! いきなりかよ!その癌告知を受けたのは主人公の藤山(役所広司)。藤山は 一切の治療を拒み 死ぬまで生きると言う選択をする。大手会社の部長。きれいな妻 美和子(今井美樹)と 2人のとても素直な良い子供 と絵に描いたような幸せな家庭を築いていた。 

でも 家族は家族として愛情を注いでいる藤山にも ちゃっかり愛人が!これは 観客の反感買うこと(映画とは言え あんなにキレイで理想的な妻今井美樹がいるのに 愛人井川遙だとー!?どんだけモテるんだ?役所広司!笑)間違いないですね~・・・。でも この映画 あまりにもキレイにまとまりすぎているので 毒の部分として愛人を登場させたのでしょうか?安易ではありますが・・・。

男の人って(人それぞれだと思いますが) どんなに妻を愛していても(生まれ変わってもまた一緒になりたい程) 恋人をつくってしまう生き物なのでしょうか?

この愛人は とても藤山に愛されています。妻は 一見おしとやかで慎ましく従順なタイプの女性 愛人は 一見勝気で キャリアウーマン。 妻と違うタイプの女性という所が アザトイのですが・・・。でも 本質的には逆で 妻には 包まれて癒されて 愛人は俺がいなきゃダメだ的に守ってあげたい・・・なんて欲張りな・・・。そして この狙いがまた ミスキャストにより 表現しきれていないのが残念。

でも どんなに愛されている事が分かっても この映画を観ると やっぱり愛人にはなりたくないですねー・・・。切なすぎる・・・。

藤山が 死ぬ前に想い出深かった人と会って ちゃんとお別れを告げたいと 初恋の人(手塚理美)を呼び出して 初恋宣言そして癌告知。・・・おいおい 呼び出された方は そんな事聞きたくないでしょー!20年以上も音信不通の喧嘩別れした同級生だって いきなりそんな事 話されても・・・(汗)

象は死期が迫ると群れから離れ孤独に死んでいくけど 俺にはそんな事はできない と愛する家族に見守られて死んでいく藤山。

ようは この映画 人間として弱い ダメ男の最期を描いたものなのか?

それでも 兄役の岸部一徳さんと役所さんのホスピスでの2ショットのシーンは 兄の切ない気持ちに貰い泣きしてしまいました。物語というよりも 一徳さんの芝居に。

ちょっとしか出て来ませんが 笹野さんはサスガの存在感です!

役所さんのやつれぶりと 激痛と戦う姿はイタイタしいです。でも 役所さんは 妻と愛人両方を愛し愛されたい我儘男の役は合わないかも・・・。 いやらしさが無いんですもん。でも 役所さんのセリフの言い回しとか好きです♪

人間の優しさと家族愛そして その反面のエゴを描いたつもり?のヒューマン(?)ドラマ。

これは 決して原作(秋元康)を読みたいとは思いませんね・・・。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 最近の日常 | トップページ | 自転車は車道 »

映画」カテゴリの記事

コメント

私も感動させよう泣かせようと分かっていても泣いてしまったりしますよ。
けっこう涙腺弱いんです(笑
この作品はまだ観てませんが、
少し微妙な仕上がりみたいですね。
役所広司は私も良い役者さんだと思います。

応援ぽち

投稿: RIELU | 2008年5月15日 (木) 11時02分

>RIELUさん
RIELUさんも涙腺弱いですか~。胃痛(十二指腸)になってしまったり 繊細なのですね。
はい・・・微妙です・・・。
いろんなレビューを見ると 結構痛烈な酷評が多いです(汗)
私は そこまでとは思わなかったのですが 家族愛を描いている筈なのに その家族があまりにも理想的過ぎて 現実味が薄いという所でしょう・・・。狙っている部分は多々見えるのですがあまり上手くいってない所が・・(笑)。

ぽち ありがとうございます。

投稿: 詩乃 | 2008年5月15日 (木) 20時09分

こんばんは~
役所広司は,スクリーンに登場する度に
愛人を囲ってますね( ´∀`)
切ない系統は,ベタもいけますね!
やはり,身近な人が死ぬのは辛いですね,やがて訪れる自分の死も投影してしまいますし。
癌は,痛いんでしょうね。
僕も結石で,とんでもない激痛に見舞われましたけど,そんなレベルではなさそうで怖いです!
死ぬんだったら「アルマゲドン」のブルースの
ような自己犠牲が,あの世でのうけがよさそうですヽ(´ー`)ノ
応援させて下さい凸

投稿: hiro | 2008年5月16日 (金) 20時08分

>hiroさん
役所広司 そんなに愛人囲ってます!?
レイクサイドマーダーケースくらいしか思い浮かびません・・・。
私 役所さんの映画はかなり観てる方だと思うのですが・・・(汗)
愛人囲って欲しくない拒否反応かしら?(笑)
背中の激痛の芝居とか マジで痛そうで可哀想でした・・・。
自己犠牲の話も泣いちゃいます!!弱いです。
「アルマゲドン」大好きです。でも ブルースは死んじゃダメー!不死身なのがいいのに~・・・。ダイ・ハードファンなので(笑)
凸 ありがとうございます~!
hiroさんブログ村2位キープしてますねー!!!
凄い♪

投稿: 詩乃 | 2008年5月17日 (土) 01時50分

観てないけど覚えがあるなぁ。
レヴュー読む限りでは、役所さんの役は津川雅彦さんが何だか似合う気がしてならない(ー▽ー)でも透明感がある弱いイメージが無いですよね(笑)良い役者さんですが。
何となく脚本にジレンマ感じてしまいそうです(ーー;)

投稿: miyo | 2008年5月17日 (土) 18時57分

>miyoさん
津川さんね~。ピッタリかも!!!
津川さんが15歳くらい若ければ(笑)でも 家族を大事にしなそうかも(?)
役所さんより 愛人役の井川遥さんが 問題かも・・・。勝気で仕事の出来るキャリアウーマンに見えない・・・。頑張ってましたけどね。(愛ルケの女検事役の長谷川京子さんを思い出しました)
そうそう!邦画ってキャスティングなんとかして欲しいのいっぱいありません?

投稿: 詩乃 | 2008年5月17日 (土) 19時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425711/20958753

この記事へのトラックバック一覧です: 象の背中:

« 最近の日常 | トップページ | 自転車は車道 »