« 家の鍵 | トップページ | 上海そして東京の屋根の下で »

奇跡の海

Photo_2

『ドッグヴィル』 『ダンサーインザダーク』のラース・フォン・トリアー監督の長編映画です。

↑2作品とも主人公の女性は精神的苦痛を強いられ 辛く苦しく悲しい話でした。

そして この映画もやはり・・・。トリアー監督はSなのでしょうか!?

主人公 ベスは油田で働くヤンと大恋愛で結婚しました。なんと おそらく 20代後半位であろうベスは ヤンと出会うために 処女を守ってきたと!!とにかく ヤンの事が大好きでたまらない・・・。それはヤンも同じですが ヤンは結婚後すぐ 油田の仕事のため 町から仕事場に戻ってしまいます。

ベスはプロテスタントの信者で 神様にひたすら祈ります。「早くヤンを返してください!」

その願いが聞き入れられたのか ヤンはベスの元に帰って来ます。事故に遭い瀕死の重傷で・・・。

男の人はいくつになっても 子供だ。と よく聞きますよね?そして 少年の心を持ち続けている男性はステキだったりします。

この映画の場合 ベスが 子供のように無邪気で 子供のように感情の起伏が激しくて ダダをこねたりします。いつもキョトンとした大きな目。ちょっと開いた口。でも・・・少女の気持ちを持ち続けている女性は イタイ・・・。痛々しい・・・。ま ベスがそうなだけかもしれませんが・・・。

とにかく 度を越した純粋さなのです!!!2時間30分の映画の中 ひたすらずーっとヤンの事しか考えていないのです。

私は 思いました・・・。これ程までに 人を愛してしまうと 辛いものなのねと・・・。

大好きなヤンが寝たきりで いつ死ぬかもわからない状態で帰って来たのは 私が神様に 早く返して とお願いしたからだと ベスは自分を責め 意識を取り戻したヤンの理不尽な要求にも応えようと 自分の身を削ってまで 尽くし続けます。もう自分の事なんてどーでもいいのです。ヤンが生きてくれさえすれば・・・。健気を通り越して 傍から見れば異常なのですが 本人は いたって真面目なんです。

自己犠牲もここまでくると 観てる方が辛く悲しくなってきます・・・。

さすが トリアー監督・・・。純粋なラブストーリーをここまでダークにヘビーに出来るのは この監督しかいないでしょう!

こんな究極の愛の形もあるのか(有りに見せてしまえる説得力が トリアー監督の凄さでしょう)・・・と・・・私は なんて未熟なんだろうと・・・。

余談ですが 私 この映画を観てからずーっと ベスが頭から離れなくて・・・。キョトンとした目 半開きの口・・・この表情 大竹しのぶさんだーーー!!!と。一途にのめりこむ姿勢 怖いほどの集中力と執拗さ  そして 痛々しさ・・・。そう思うと そりゃぁ さんまさんじゃ受け止めきれるわけが無い!!!?彼女がこの役やったら怖いだろうなぁ・・・と。ラブストーリーにならなくなっちゃうかもしれないけど・・・。

ダークでヘビーな映画が好きな うちの劇団員のRinちゃん こんなラブストーリーはいかが?これは 元恋多き女の私も 未知の世界です(笑)

あ それと 私的にイラっとしたのは ヤンの要求よりも 煮えきらない 医者のリチャードソン先生です・・・。 先生も善意で対応してくれていれば・・・まぁ それは普通の人では無理な事でしょうけど。先生の方が正論ですから。

この映画は主人公に感情移入して観てしまうと 辛すぎます。お気をつけ下さい。

でもちゃんと救いはありますよ。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 家の鍵 | トップページ | 上海そして東京の屋根の下で »

映画」カテゴリの記事

コメント

う~ん。
なんか凄そうな純愛映画みたいですね。
でもたぶんお互いにこの状況は辛いんでしょうね。
結末が気になるところですよ。

応援ぽち

投稿: RIELU | 2008年5月22日 (木) 19時34分

 おやおや? 昔、恋多き女ですか?

 今はどーなのかな? (ムフフ)

 (=ー=)ニヤリ。

投稿: ごんざえもん | 2008年5月22日 (木) 22時28分

こんばんは~
少女が,身体だけ成長したようなベスの
純愛が,響きますよね~
でも自分がヤンの立場なら彼女を受け止められるかは分からないですね。
でも勢いは大切かな!
男は子供っぽいかも知れませんね。
精神が成長するまで時間がかかるように思えます。
最期の救いが監督にしてみればせめてもの慈悲とか,はなむけなのかも?

応援させて下さい凸

投稿: hiro | 2008年5月22日 (木) 22時30分

ドッグヴィルには衝撃受けました!何度観ても良い。
この監督は痛いのを訴えますよね。純愛なんて実際はこういう事なんだよ。ピュアってこういう事なんだよ。って陰の部分を曝けて表現するから好きです。
大竹しのぶさんて凄い女優ですよね〜。インパクトある女優さんて素晴らしい。

投稿: miyo | 2008年5月23日 (金) 15時48分

おぉ~~~~~~~sign03
ダークなラブストーリ… こりゃ、必見ですなshine
ダンサー・イン・ザ・ダークは救いがなかったけど
この物語には、あるんですね?
……見てみよ―かなぁ~~~~。

投稿: Rin | 2008年5月23日 (金) 17時23分

>RIELUさん
はい。凄いある意味純愛映画です。
常人には 真似できない世界です。
ラストは悲しいですが プロテスタントに対抗する ニクイしかけをしてくれます。
ぽち 有難うございます。

>ごんざえもんさん
昔は 恋多き女でしたよ(笑)
今は枯れました。
十分堪能したので もう面倒です(笑)

投稿: 詩乃 | 2008年5月23日 (金) 20時02分

>hiroさん
ベスのベスにとっての純愛は(傍からどう見られようが)痛いほど響きました!
自分が ベスの立場なら ヤンの要求には応えられませんね・・・。
協会の鐘の音よりも 地獄行きを阻止(協会の鼻をあかした)した ヤンとヤンの仲間がステキでした!この映画を紹介して下さって ありがとうございうました♪
応援ありがとうございます。


>miyoさん
ダンサー~なんか 痛すぎて ズーーーーンと凹みました・・・。ビヨークは素晴らしかった!!
どの作品も ヘビーだけど 私もこの監督好きかも。
大竹さんは 憧れの女優さんです!絶対に真似できないです!!!


>Rinちゃん
ダンサー~の救いは ビヨークの魂のこもった歌ですよ!!ミュージカル苦手だけと あのビヨークの幻想のミュージカルの部分がなければ とても辛すぎて観られない・・・。
ダーク+ヘビーです!
ベスの芝居は 真似出来ればだけど いつか使えるかもよ(笑)

投稿: 詩乃 | 2008年5月23日 (金) 20時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425711/21085722

この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡の海:

» 出会い,恋愛,結婚に効く名言 [出会い,恋愛,結婚に効く名言 ]
出会い,恋愛,結婚に効く名言 [続きを読む]

受信: 2008年5月23日 (金) 04時14分

« 家の鍵 | トップページ | 上海そして東京の屋根の下で »