« マーダー・ライド・ショー マーダー・ライド・ショー2 | トップページ | アイ・アム・レジェンド »

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

Photo_2

まず、タイトルに惹かれました。

解説を見たら 自身の劇団を率いる気鋭の女流作家 本谷有希子さんの大ヒット戯曲を映画化したとのことで これは観なきゃ!と思ったんですよ~。

両親の訃報を聞いて 女優目指して上京していた 澄伽(佐藤江梨子)が 田舎町に戻ってきた事によって 日常に軋みが生まれてくる という 家族のお話。

自分大好き それこそ 地球は自分を中心に回っていると勘違いしている ウザイ澄伽のキャラは 強烈です!(サトエリさんの芝居は賛否両論あると思いますが 私は キャラがあっていて いいのでは?と 思いました。)

メチャメチャ 性格悪いです!!!

自分が 女優として大成しないのは 妹の清深(佐津川愛美)が4年前 澄伽をモデルにホラー漫画を描いて それが 新人賞をとってしまい 田舎中に澄伽の悪行が知れ渡り 恥ずかしい思いをしたトラウマのせいだと 八つ当たり・・・。

田舎の純情娘 清深の事を イビリ倒します。

母親と再婚した父親の連れ子で 血の繋がっていない 兄ちゃん宍道(永瀬正敏)は なんで?と思うくらい 妹の澄伽に気を遣い やたらと「家族なんだから。」を強調・・。

怪しいと思ったら・・・やっぱりね・・・。禁断の愛?同情?とにかく 性格ブスの澄伽の唯一の味方です。

宍道の妻 待子役の 永作博美さんが 健気な垢抜けないトロイ主婦役を好演!東京育ちなのに 誰よりも 田舎臭い お人好しの待子は この物語のムードメーカ的存在で その役割を見事に果たしています。

ずーっと 澄伽にいたぶられていた清深も 意外とシタタカで どんでん返しもあったりして 家族の日常なんですが 澄伽に引っ掻き回され ブラックジョークもありの でも なんか物悲しい非日常が見え隠れする 興味深い内容で 見応え有りでした!!!

男は やはり弱い生き物ですね~。女は逞しいです。なんだかんだ喧嘩しあいながらも お互いを利用しながら姉妹は したたかに生きていくのでしょう・・・。

これ 舞台でも絶対面白いと思います!

やってみたいですねー!!この作品。

そして 私は  澄伽の役をやりたい!・・・・はい・・・年齢的にも無理です。分かってますよ!だから 待子やりたい!

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« マーダー・ライド・ショー マーダー・ライド・ショー2 | トップページ | アイ・アム・レジェンド »

映画」カテゴリの記事

コメント

わぉ〜、タイトルがかなり強烈ですね。happy02

投稿: Eica | 2008年6月12日 (木) 14時43分

>Eicaさん
ですよねー!!!
かっこよくないですか!?
腑抜けども 多いですからね~・・・。

投稿: 詩乃 | 2008年6月12日 (木) 23時41分

うんうん、題名カッコ良い♪この役はサトエリさんのイメージとかに合ってる気がするんだけど、私はどうもサトエリさんの演技は苦手なんで興味あるんだけど観てない映画なんですよね(汗)発声の仕方も苦手なんですよ(汗)サトエリさんは嫌いではないし、むしろ素敵な女性だと思えるんだけど演技となると…

投稿: miyo | 2008年6月17日 (火) 15時32分

>miyoさん
サトエリさんは 私も個人的には好きではないです・・・。
前半は 下手くそだなぁ・・・なんて思いながら観てましたが 後半は 慣れたし 巧いと思ったところも2箇所くらありましたよ。キャラ的には 合ってました。
永瀬さんは 相変わらず 重い芝居してます。
永作さんが サトエリさんとは別の意味で腹立つキャラでした(笑)虐げられても虐げられても少女のような微笑が(笑)彼女は巧いです!

投稿: 詩乃 | 2008年6月18日 (水) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425711/21572524

この記事へのトラックバック一覧です: 腑抜けども、悲しみの愛を見せろ:

« マーダー・ライド・ショー マーダー・ライド・ショー2 | トップページ | アイ・アム・レジェンド »