« リクエストされた ギャンブル編 | トップページ | リクエスト 恋愛編 »

ザ・ヒットマン

Photo






















これ 結構間違えて(ヒットマンと)借りてる人が多いみたいですね・・・。

私は レビューを見て借りたので 間違えたわけではなく 自分の意思で こちらを借りました。
2003年制作の作品を 今 『ヒットマン』と同時期に(こちらの方がちょっと先ですが)リリースされて しかも ジャケも 物真似!?
これは あきらかに 確信犯ですね(笑)

さて こちらの 殺し屋は なんと!アルツハイマーの老人です。
その設定だけでも 切ないでしょう?
老人で引退を考えている殺し屋でも 悲哀に満ちてるのに 更に アルツハイマーですよ! 

そして 脚本も演出も映像も 結構 良く出来てます。
2時間ものでしたが 飽きませんでしたね。

殺しの依頼を受けて 躊躇なく殺す 殺し屋も 子供には 手を出せません。悪の中にも正義あり!上辺だけではなく 彼の少年時代の事にも 触れています。
「子供は神聖なものだ。」
殺し屋レダを追っている 刑事とのやりとりも ドラマが描かれてます。
2人とも 元は正義だったのに 正反対の生き方の2人。根本の想いも同じなのに・・・。

そして アルツハイマーという設定が 更にドラマチックな仕上がりになってます。

何故 この映画は 雲隠れしていたのでしょう・・・?
「レオン」のような 派手さはありません。
ドラマチックな設定だけど 泣けないから?

泣けなくても 余韻は ちゃんと残る映画です。

もちろん メジャーな方の『ヒットマン』も観ようと思ってます。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« リクエストされた ギャンブル編 | トップページ | リクエスト 恋愛編 »

映画」カテゴリの記事

コメント

内容チラ見して棚に戻したにも関わらず、アルツハイマーで殺し屋という設定で勝手に盛り上がってました。盛り上がってしまってすみません(T_T)と謝りたくなる内容なんですね。ヒットマンといえば「悲しきヒットマン」という三浦友和さん主演の邦画が割と好きです。

投稿: miyo | 2008年9月 4日 (木) 23時49分

>miyoさん
子供が絡んでると おざなりに出来ないですよね~・・・。
でも 突込みどころは結構あります。

miyoさん これ 観てると思いました。ベオウルフの時のように 自らの選択で(笑)

「悲しきヒットマン」ありましたねー!
当時 母が 友和ファンだったので 一緒に観た記憶あります。

投稿: 詩乃 | 2008年9月 5日 (金) 00時07分

おおっ ザが付くヒットマン,好評だったようですね!
確信犯,間違いないですが,
実際に,ジャケの場面が存在しましたよね!
アルツハイマーは,ありそうで無かった設定
ですよね~

投稿: hiro | 2008年9月 6日 (土) 22時48分

>hiroさん
本人は ジャケよりも かなりお年寄りでしたね・・・。
アルツハイマーという設定は 物語をドラマチックにしますが ヒットマンがアルツハイマーだと 仕事にならないですよね!?
まぁ そこは 芝居の嘘と言うか・・・笑って許しましょう(笑)

投稿: 詩乃 | 2008年9月 8日 (月) 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425711/23473624

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・ヒットマン:

« リクエストされた ギャンブル編 | トップページ | リクエスト 恋愛編 »