« ムフフ・・・ | トップページ | 酒 »

ミスト

Photo





















スティーブン・キング 大好きなんですよ。高校生の頃から!

彼の小説は かなり読んでます。B級も含めて。 彼原作の映画もかなり観てます。B級も含めて。

原作は面白いのに 映画化になると あれー!?って作品が多いのも事実です。それでも観てしまうのが ファン心理でしょう。

この「ミスト」は 久々(?)の話題作でしたねー。結構 劇場で観たと言う人も多く DVDリリースされる前から レビューは結構載ってましたね。

賛否両論らしいですが・・・。

町?都市?国?世界?が 霧に覆われ その霧の中には 何かが居て 人を襲う!
スーパーマーケットに閉じ込められた人々の恐怖を描いた モンスター(エイリアン?)パニックムービーか!?と思いながら 観始めました。

モンスターパニック物 好きなんです♪

最初 何だかわからないものに 襲われ 何だろう?と ドキドキ。緊迫したムードが漂い B級の匂いがプンプン!でも キング氏のB級は それなりに面白いので 笑いながら鑑賞。

それが・・・・宗教の話が入り混じり 混沌とした世界へ。
聖書を読んでいれば より深く理解出来るのであろうが 結構親切に説明してくれる。しかも悪役の女性 この宗教かぶれの悪役さん レビューを読むと 物凄い 嫌われてます(笑)ムカツクとか色々言われてましたね~。
でも 私は この女性よりも それに乗った人々の方が よっぽど悪者に見えますが。

そう!この映画 B級モンスターパニックムービーではなかったんです。

人間の愚かさや あさはかさ 人間の醜い部分を浮き彫りにした 映画なんだと思うのです。

極限状態に陥った時の 人間の行動 恐ろしさ・・・・。怖いのは モンスターでもエイリアンでもなく まさしく 人間だ と言う メッセージがかなり 分かりやすく表現されていると思います。

問題のラストシーン。

痛すぎる程のメッセージ そこまでするか!?と言うほど 強烈で切なくて痛いです。
これが 神様のイタズラなら ちょっと 遊びが過ぎるんじゃない?と・・・。

万人にウケた 「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」の コンビが送る映画にしては こちらは意外で 万人にと言う感じではありませんが 衝撃度は高いと思います。

それにしても いつも思うのですが 外国映画の 子役は巧い!!!!!主役を食う勢いですねぇ。だからこそ ラストシーンが 活きてる。

大好きなパパ(主人公)に向かって言うセリフ。
「絶対に 約束を守ると誓って! 何があっても 僕を 怪物に殺させないで!」

悲しいなぁ・・・・・。

|

« ムフフ・・・ | トップページ | 酒 »

映画」カテゴリの記事

コメント

観ましたね( ̄ー ̄)ニヤリ 矛盾だらけ、嫌な宗教色強過ぎって感じで私はムカムカきちゃいましたね(笑)繋がらない事柄も気になったし、命張って人助けしたりしてたお父ちゃんは結局何だったんだよ!?と…。スーパーに残った人達がどうなったか知らないけど(助かった感じがする)自力で活路を見い出そうと懸命になってる人よりも長いものには巻かれろ、他力本願な人が救われるみたいに観えちゃうんですよね。でも、現実はこうだって皮肉にも感じるけど…う〜んbearing執筆したキングもスランプだったらしく納得のいく原作ではなかったらしいけど、そんなスランプ作品を映画化すんなよってツッコミたい(笑)

投稿: miyo | 2008年11月27日 (木) 15時37分

自分のブログチェックする前に覗いたもんで、続けてコメント書かせて頂きます(=゚ω゚)ノ
職場ブログのアドレスは
http;//studioloophole.at.webry.info/
です。わざわざリンク貼ってくれるなんて申し入れしてもらって恐縮でございます(lll゚Д゚)!
コメント欄で何ですが、職場ブログにも詩乃さんのブログ、リンク貼って宜しいでしょうか?

投稿: miyo | 2008年11月27日 (木) 17時28分

>miyoさん
宗教かぶれと言うか勘違いオバチャンは 逆に哀れにみえましたね・・・。殺されてしまった事が哀れなんじゃなくて その勘違い振りが・・・。そして それに惑わされている人々がムカツク。
スーパーに残った人達は 助かったかもしれませんが 彼等の家族は死んでいるかもしれないし この事件(軍による事故?)のトラウマや目の前で起こった悲惨な出来事は 彼等に悪夢を見させるでしょう。
日常生活もビクビクするようになるのでは?
仕掛けた軍人さん達も 自分を責めつづけるだろうし・・・結局 幸せな人は誰もいない 救いのない映画だったような・・・。
最初にスーパーから たった一人で家に帰ったお母さんは無事でしたが もう人を信用出来なくなってるだろうし・・・。
一番まともに頑張った 主人公のパパも最終的には愚かな過ちを犯してしまう それが 人間・・・?
人間とは 罪な生き物なのでしょう・・・と・・・?

会社のブログにリンク貼って下さるんですか!?
全然関係ないのに 良いのでしょうか?

投稿: 詩乃 | 2008年11月27日 (木) 23時56分

うーん 仕事明けでビール飲んでます(笑)
この映画 私は星4にしましたです。

突っ込みどころはいろいろ その意味とてもショーシャンクと一緒のレベルでは語れないです。
その意味B級なのかなー。

怪物の手足がにょろにょろ とか ガラスはなぜ割れなかったのとか、スーパーでの軍隊が以外に頼りないことなど。

でも、主役の役者達が何方も前に出てこない分客観的な流れ 進行が頭にスッと入ってくるのでそれなりに面白かった。余りお金がかかっていないとは思いました。

宣伝に毒されていますが、今度のルームナンバーがタイトルのキングの映画も見たいです。


投稿: もく | 2008年11月28日 (金) 12時10分

>もくさん
私も☆4つくらいです。
ショーシャンクを引き合いに出したのは 単に 原作・監督が同じコンビだったからです(笑)作風は180度違いますね。でも グリーンマイルにしても ショーシャンクにしても ミストにしても 根本にあるのは『人間』というテーマかな?と。
当たっても外れても キング氏の映画は好きなんですよ~私。

投稿: 詩乃 | 2008年11月29日 (土) 00時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425711/25678323

この記事へのトラックバック一覧です: ミスト:

« ムフフ・・・ | トップページ | 酒 »