« オクトパスホールド公演終了! | トップページ | 居酒屋サラリーマン »

オクトパスホールド番外編

Photo_3















↑の写真は 右3人がオーバー40 一番左が30という おばちゃん軍団のプリ女(笑)
左から ミラクルヒロ  ゾンビ沼袋  ラブリーみゆき  ハリケーンジェニー。

『オクトパスホールド』は 新宿女子プロレス(略して新女)とプリティプリンセス女子プロレス(プリ女)の2団体が 衰退している プロレスをもう一度盛り上げようと 奮起する物語です。
それだけではなく いろんな女達の様々な裏の物語も。

2つの団体が 策を練り(筋書きを決め) マッチメイクをして プリ女は 新女に負けて 新女の配下になる・・・筈だった。

スター候補である 新女のダイナマイト翔は シナリオがあるプロレスに反発していた。
「私は 真剣勝負がしたいんだ!」
総合部門を設立する 新女。
マッチメイクのファイナル 総合試合 ダイナマイト翔(新女)VSミラクルヒロ(プリ女)。
ここで 翔は 勝つ筈だった が あっけなく ヒロにTKOをくらってしまう・・・。

番狂わせで 一応プリ女の配下となった翔が 新女のエース アース横井と対決する。

千秋楽の10日 17時の回。

ラストシーンの一番盛り上がる局面。翔VSアース。
腕を折られながらも試合をやめない アース。

「翔 プロレスしようぜ!」

チョップ合戦の始まり!
が・・・・
翔のチョップが 渾身の力で アースの胸元(喉に近いところ)に入った。
アースが吹っ飛んだ!!(゚ロ゚屮)屮 (いつもは 吹っ飛びません)
カッとなった アースは ゆっくり立ち上がり チョップを返さずに 翔の頬を渾身の力で引っ叩いた∑q|゚Д゚|p
(あとで 楽屋にもどった翔役の子の頬はみみず腫れの手形がついていた。もちろんアースも 胸元が真っ赤に腫れあがっていた)
頭が 真っ白になった翔は その後の アースのチョップを受けずに 思わず避けてしまう。その後の翔がアースにやる腹蹴りも モロに入っている。
セリフである翔の「このやろー!」がいつもと違った。
これは アクション指導のもてぎさんが つけた段取りではなかった。

なんとも凄まじかったモヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

迫力なんてものじゃないですよ。
楽屋のモニターで見ていても 大迫力でしたから お客様は もっと臨場感あった事でしょう・・・・。

芝居じゃないですもん。マジ。大マジ。

つけた手(段取り)と違う事をするのは 決して 良い事だとは思わない。
でも 芝居はライブです。生です。
そして 演出の高原さんが求めていたのは ライブ感覚。
決められた段取りではなく その場で湧き上がった 感情を曝け出す事。

このシーンは 客席で客として見たかったなぁ~・・・・・。
声を枯らしながらも最後までやりきったアースは お客様のハートを射止めてましたね。

モニター見入ってしまって 危うく エンディングに出トチりそうになりました(笑)

でも 千秋楽で良かった~。

これを 初日からずっとやり続けていたら 救急車が必要になったでしょう(汗)

いろんな アクシデントがありましたが これだから ライブは怖いし 面白いのです♪









|

« オクトパスホールド公演終了! | トップページ | 居酒屋サラリーマン »

芝居(観劇)」カテゴリの記事

コメント

千秋楽に主役さんは『レスラー』になれたんですね(≧∇≦)素晴らしい事だけど…初日からレスラー降臨してたら無事に千秋楽迎えてませんね(°□°;)
ジェニーさん本当にオーバー40!?美しい(≧ε≦)ラブリーさん、可愛げなポーズで正にラブリー発揮じゃないッスか(゜∀゜)ノ素晴らしい。

投稿: miyo | 2009年5月15日 (金) 17時17分

>miyoさん
レスラーになれたというか 本音が出たって感じですかね(笑)でも あの本気の感覚は忘れないでいてほしいものです。
「嘘に説得力をもたせるのがプロレスだ。」と言うセリフがありますが 芝居も一緒です。
ジェニーは 背が高くて きれいですよー!メチャメチャ細いけど現役のキャットファイター(プロレスを甘くした感じ)です!
登場シーンでは 右3人が 頭に馬鹿みたいなカチューシャつけて 歌って踊りました(笑)あ ゾンビは ウガウガ言ってただけですが。

投稿: 詩乃 | 2009年5月15日 (金) 22時29分

なんか、すごそうだー(笑)
生で観てたら、私、口、開いてそう(笑)
きっと、目が離せないですもんね!

投稿: ちえこ | 2009年5月16日 (土) 13時26分

おもしろそー!!
ああ…仕事が決まったら見に行きたいです。

投稿: さんぴん太郎 | 2009年5月16日 (土) 17時43分

>ちえこさん
千秋楽を観に来られたお客様はラッキーだったと思いますよー。
最後の対決試合だけ 翔やりたかったな~!
アース先輩と戦いたかった・・・。


>さんぴん太郎さん
今度 ぜひ 観に来て下さい♪♪♪

投稿: 詩乃 | 2009年5月17日 (日) 11時01分

私も詩乃さんと戦いたかったなぁ〜(^○^)。
きっと凄く気持ちよく戦えたとおもうなぁ〜。
今回、若い子達より、おばさん達の方がパワフルだったよね(!_+)。
その分、身体ボロボロだったけどね(^0^;)。

投稿: ひろりん | 2009年5月17日 (日) 18時05分

>ひろりんさん
わーーーい ひろりん大先輩だーヽ(´▽`)/

許可なしに ブログで実名出してしまって すみませんm(_ _)m
私も アース様と戦いたかったです。あのラストシーンの戦い。ボコボコにしてボコボコにされたかったです!
そうそう!若い子達 エネルギー無さ過ぎ! だから おばちゃんたちがあんなに頑張らなきゃいけなくなった(笑)

投稿: 詩乃 | 2009年5月17日 (日) 19時08分

だからぁ、、、大先輩じゃないって(^◇^;)。
二つしか歳変わらないんだからぁ。。。

投稿: ひろりん | 2009年5月18日 (月) 11時45分

しっかし、若い子達、やる気も・根性も・全て中途半端だったね。。。
時代なのかねぇ・・・。
きっと、熱いおばさん達は「うざい」存在だったんだろうね(^^ゞ。

投稿: ひろりん | 2009年5月18日 (月) 12時04分

>ひろりんさん
確かに歳はそんなに変わらないけど 人生の重さが違いますって!人間としての器の広さも!だから 大先輩なんですって(笑)

若手 今 熱くまれる場所なんてなかなか無いから 熱くなるということが分からないのかも・・・悲しい事だけど・・・。
熱い=古いって感覚なのかなぁ~。
でも あの舞台は熱くなきゃ成立しない!それを感じられる感性が乏しいのかなぁ~。熱くなる事がカッコ悪いと思っているのかも?
役者なんて いかに カッコ悪さを曝け出せるかなのに ねぇ。
おばさん達 相当 ウザかったと思います(笑)

投稿: 詩乃 | 2009年5月18日 (月) 15時48分

と・・・ともかく、ケガがなくてよござんした。

 (詩乃さんに会っても、逆らわないよーに、しよ~~っと。)


 ともかくライブ感覚の大事さ、感情をほとばしらせる。一体感。舞台でなければでませんよね。
 こればっかりは役者の世界です。どんな名演出もやれませんから。促すだけですもん。

投稿: ごんざえもん | 2009年5月18日 (月) 23時40分

>ごんざえもんさん
肩脱臼しながら 舞台に立っていた人もいたんですよー!
出演者11人の中で 身体が痛くなかった人は1人だけでした。彼女は痛覚が鈍いらしい(笑)
嘘の世界の中にも 真実の叫びって出るものなんですよねー。それを味わえない人は可哀想ですね・・・。

投稿: 詩乃 | 2009年5月19日 (火) 11時00分

確かに、今の子って冷めてるって言うか、クールだよね。。。
私があの子達みたいな頃って、相当「若さ」の「バカさ」やってたもんね。
いまだにバカだし。。。

えっとぉ、、、器の広さじゃなくって、身体の大きさ、、、だよきっと(^_^;)。

投稿: ひろりん | 2009年5月20日 (水) 04時26分

いきなり参加してすみませんcoldsweats02
>>しっかし、若い子達、やる気も・根性も・全て中途半端だったね。。。

やっぱり自分もそうだったのでしょうか??不器用だし、小心者だったので「当たり前の事」ですが自分が頑張る事でいっぱい、いっぱいで――情けないっす。

ただ、アタシはもともと“熱い人間”だったのですが、アパレル時代店長に昇格した時に直属の上司に「あんた、今時そんな“体育会系”はうざいし、下の子達ついてこないよ」って言われて、いろんな場所で叩かれた、泣かされた事(←暴力じゃないですよ)があります。

人のせいにしているわけでは全くありませんが、生きる場所によって、全然生き方さえ変えられてしまうこの世の中。何が大切な事で、何を失ってはいけないのか?きっちり伝えられない自分にムカつきます。

ひろえ先輩や詩乃さんみたに、芯のある人間になりたいです。

投稿: KEI+kay | 2009年5月20日 (水) 10時33分

>ひろりんさん
はい。冷めてますねー・・・。
何が楽しくて芝居やってるんだろう?と思えることが しばしば。
もっと人間に興味を持ってもらいたいですね。


>KEI+kayさん
熱いことがいいとか悪いとかじゃなく 今回の芝居(lovepunkに関しては)熱くなきゃ 成立しないんだよねー。今時珍しい集団だけど(笑)
KEIは 今回 初舞台だったから知らないことも多くて大変だったと思うよ。
でも 楽できる現場も多いからね 今は。
最初に大変な現場で良かったんじゃない?

体育会系のノリは 確かに 古いかもしれない。それについてくる若い子もあまりいないと思う。
でも それについて来れる子は どの現場に行っても可愛がられるよ。他人に気を配れるって事だから。

現場によって 生き方を変えても 信念さえもっていれば 左右されない筈。

今回の現場は 熱い現場だった。それについて来れる若い子がいなかっただけ。それは 熱さが何か 分かってないからなんだろうな~。ひとつの人生経験になってくれれば またひとつ 引き出しが増えるでしょう。

投稿: 詩乃 | 2009年5月20日 (水) 12時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425711/29613164

この記事へのトラックバック一覧です: オクトパスホールド番外編:

« オクトパスホールド公演終了! | トップページ | 居酒屋サラリーマン »