« ヘタレ息子の近況 | トップページ | とりあえず »

隣の家の少女

Photo


















私が高校生の頃にハマった スティーブン・キングが大絶賛している作家という話を ブログ友達のmiyoさん(右サイドバーにリンクあり)のブログで読んで チャレンジしてみたいと思ってから だいぶ経ちましたが やっと 買って読んでみました。

物語は 夏休みに 隣の家に引っ越してきた 美しい少女に心奪われた少年と その仲間たち・・・・と言うと なんとも爽やかな青春物語を連想するでしょう(笑)

でも この物語は そんな甘い青春物語ではありません!
なんせ S・キングが絶賛するほどなんですから(笑) キング氏のように 超常現象が起こったり 幽霊が出てきたり 悪魔が出てきたりはしません。
でも 悪魔より怖い人間たちのお話です。完全にホラーです!
しかも  胸糞悪い話です。
読んでるうちに 眉間の皺がどんどん深くなって 皺がとれなくなる程です。美容の敵です。

なのに・・・・・やめられない・・・・・とまらない・・・・・。
なんでだーーーーー!?
いや 巧いんですよ。やっぱり。もうこれ以上は 勘弁して!と思うのだけど その先の展開が気になって気になって。そして裏切られ それでも やめられない・・・。麻薬のように・・・。

美しい少女は 両親を事故で亡くし 可愛い妹もその事故で 身体が不自由に・・・。
少年の隣の家に引き取られ 暮らしているのですが そこの 鬼ババァに 虐待されるのです。その家の子供達も 母親と一緒に 折檻します。その友達も仲間に加わり折檻します。
もう 後半は おぞましく 身の毛がよだつほどに・・・・・。

人間は ここまで 悪魔になれるのでしょうか!?

「苦痛とは何か、知っているつもりになっていないだろうか?」
小説の 一番最初に書かれてある 一行です。

この少年は 一生 この苦痛から逃れる事は出来ないのです・・・・・。

|

« ヘタレ息子の近況 | トップページ | とりあえず »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そんな麻薬のようなブログを書いてみたいもんです。
無理だなあ(笑)

投稿: さんぴん太郎 | 2009年5月25日 (月) 18時30分

>さんぴん太郎さん
それが出来たら 職業として成り立ちますね!頑張れー♪

投稿: 詩乃 | 2009年5月26日 (火) 11時45分

スティーブンキング氏も大絶賛ですか。
この手の本はあまり読まないけれど、
詩乃さんの記事を読んでたら、読みたくなってきましたよぉ。(笑)
今度、チェックしておきます!

投稿: Eica | 2009年5月26日 (火) 14時14分

>Eicaさん
この作家さんは 一般的に評判の良い作家さんではないようです。コアなファンがついてるみたいです。とにかく 描写に躊躇が無いと言うか残酷です。
なので あまりオススメは出来ません(汗)

投稿: 詩乃 | 2009年5月27日 (水) 10時26分

読んだッスね!( ̄ー ̄)ニヤリ 悪趣味でしょ(笑)当初は「ケッチャムは絶対映像か不可能」と言われてたのですが、最近映像化されてます。それだけ退廃した世の中なのかしら( ̄Д ̄;; 知ってる限りでは日本訳されたケッチャム本全部読んでるけど、清々しい程全てが理不尽でグロです(笑)夢中ですヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

投稿: miyo | 2009年5月27日 (水) 15時50分

>miyoさん
読みましたよー。そして 眉間に皺よせながらも 見事にはまりました(笑)
そうそう 映画化されてるんですってねー!恐ろしい・・・。
オフシーズンにチャレンジしようと思ってるのですが 町の小さな本屋さんには 無いんですよ!明日 紀伊国屋書店行ってきます。

投稿: 詩乃 | 2009年5月27日 (水) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425711/29776785

この記事へのトラックバック一覧です: 隣の家の少女:

» ビルケンシュトック [ビルケンシュトック]
ビルケンシュトックのサンダルが好きです。 あの履き心地、ビルケンシュトック以外にはないフィット感。 ビルケンシュトックに魅せられた者による、ビルケンシュトックに魅せられた人へのブログ! [続きを読む]

受信: 2009年5月25日 (月) 07時18分

« ヘタレ息子の近況 | トップページ | とりあえず »