« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

連休終了

ここ数年 連休が増えましたよねーーー!!!

学校なんて 休みばっかじゃん!?ゆとり教育過ぎるでしょ!?

月曜日に祝日が増えたから3連休なんてしょっちゅうだし・・・・。

私は 連休こそ働きたいのに 会社が休みなもんで(^-^;

この連休は映画三昧したかったのですが なんやかんやとバタバタしてまして 昨日 やっと久々に劇場鑑賞してきましたよ。

「ウルヴァリン X-MEN ZERO」

Photo

私がいつも行く映画館は 本当に ガラガラで大丈夫なの?と 心配になるのですが さすがに 昨日は 連休+レディースデイだったので いっぱい観客がいましたね。

実は 私 「XーMENシリーズ」観てないんですよ(汗)でも好きな分野ではあったんですよ。
今回のは シリーズを観てなくても分かると聞いて・・・・ヽ(´▽`)/

いや~面白かった!凄かった!かっこよかった♪これは 劇場鑑賞をオススメです。

ただ・・・私の 斜め後ろに座っていた女性2人が やたらと笑ってるんですよ・・・。
一言セリフ言う度に 「クスクス」として 2人でヒソヒソ会話・・・・。
大笑いじゃないし 会話も ヒソヒソ声なのですが 最初から最後までずーーーーっと「クスクス ヒソヒソ」・・・。
気になって気になって 「お前等 映画館来るなよ・・・自宅でDVD鑑賞してれば?」と ちょっとイライラ。
だって この映画 コメディじゃないよね!?何が そんなに 可笑しいの!?
ちょっと真面目なシーンでも悲しいシーンでも 「クスクス」・・・そこ 笑うとこ!?

映画が終わって 明かりがついて 振り返って見たら 外人の若い女の子2人組み。

あ・・・どうりで・・・・ そりゃ 字幕出る前に 笑えるよね・・・・・。
でもさぁー 何が可笑しいの?
感性が違いすぎるΣ( ̄ロ ̄lll)

やっぱり 日本人とは娯楽の楽しみ方が違うのね~・・・・・。
心から楽しもう!という感覚 素晴らしいと思いますよ。
でも 日本人には それ 出来ないね(^-^;
羨ましいと思うけど・・・・。




 

| | コメント (8) | トラックバック (1)

毎週観劇・・・・・

昨日は サンハロンの田野良樹が客演した おにぎりスキッパーズの若手公演 カメレオン爆弾「ランドセル・ガール」を観た。

若い子たちが 素直にノビノビやってて なんか とっても微笑ましかった~♪

特に 主人公の姉妹の 女優さん2人は かなり良かった!

若手が頑張っているって やっぱり良いな~・・・・・。そう思えるようになったのは 歳をとったからだろうか・・・・(^-^;

いや ここ数年の 小劇場に出演している若手の役者さんは 元気がないように感じている。
下手でも いいじゃん。
エネルギー放出しろよ お前等!
ってのが多い気がしていた。

カメレオン爆弾 久々に 若手のエネルギーを感じた。

私が 15歳若かったら 出たかった(笑)
でも 姉妹役の2人みたいには出来なかったろうな~・・・・。

若手に触発されるって なんか いい♪


そして 今日は lovepunkのワークショップに 久々に顔を出した。

目的は ワークショップに出るというよりも 裕江姉さんと飲みたかったからなんだけど 行ったら 姉さんがいなくて ガッカリ(;ω;)

セリフが書いてある紙渡されて
「自由に動いてみて。」
って 難しい・・・・・。物凄い 不自由だ・・・・・。

私って ホント 感性乏しいんだな~って改めて思い知らされる。
マスコミには向いてないな(^-^;

台本があって 役が決まって 自分の役を掘り下げていく作業は好き。
でも インスピレーションで動けない自分は悔しい。

あ~~~~面白い舞台やりたい!

毎週 知人の芝居観に行ってると もどかしくなってくる。

なのに 実際 舞台稽古が始まって 本番を迎えると 精神的にも肉体的にも しんどくて 早く終わらないかな~なんて思ってる。

それでも 舞台は楽しい!

麻薬だな こりゃ・・・・。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

土曜プレミアム『戦場のメロディ』~108人の兵士の命を救った奇跡の歌~

サンハロンで3回再演した舞台 「上海そして東京の屋根の下で」 私は 初演の時に 服部良一さんの妹 服部富子役と 渡辺はま子役を日替わりで演じた。

2回目 3回目は 違う役だったけど 渡辺はま子さんは 登場している。

この舞台をきっかけに その当時の歌手やその当時の中国の話に興味が沸き 今回の土曜プレミアムも録画して観た。

フィリピンのモンテンルパにある刑務所に 戦犯として死刑囚となってしまった日本兵がたくさん 投獄されていた。詳しい事実関係を調べることも無く 死刑となってしまった人もいた。

戦中 渡辺はま子は 慰問で歌を歌い 日本の勝利を信じ 多くの兵士たちを戦場に送り出していたが 兵士は 戦争で亡くなった。

「自分のやってきた事は 間違いだったんじゃないか?」と悩んでいたところに モンテンルパの戦犯とされてしまった 日本兵の話を聞き 立ち上がる。
戦争は まだ終わっていなかった・・・・・・・。

当時 モンテンルパに戦犯として投獄されていた ご本人や はま子さんの娘さん等の ドキュメンタリーを挟んだ とても 重厚なドラマだった。

ドラマとドキュメントの兼ね合いが丁度良く 何の違和感もなく 安っぽい 再現ドラマ調になってなかったので とても感動した。

ご本人が(当然 80歳~90歳くらいのご老人) 登場して涙を流すと そりゃもう 心に響きますよね~~~。
また 良いところで ドキュメンタリーが入るので。

泣けました。
何回も泣きました。

普段 ドラマは観ないのですが この番組は そこいらへんの戦争映画よりも 泣けた。

「上海~」の初演で はま子さんをやると決まったとき はま子さんのことを調べて このモンテンルパのことは ある程度知っていたけど 映像で観ると やっぱり違いますね~。

「私に出来ることは 歌うことだけ。」
その 歌という武器を使って 108人もの日本兵を救い出した彼女は偉大だ~!!!

もちろん 彼女一人でやってのけたのではない。
日本兵を 救いたい!ひたすらその思いだけで その思いを持っている人達によって成し遂げたことです。

私も 先月 戦争を背景にした舞台をやりましたが やはり 忘れてはいけないことなんですよね・・・・。
戦争を体験した人達は この先 どんどんいなくなってしまいます。
でも それを 伝え続けなくてはいけないんですね・・・・。
そして この悲劇は 繰り返してはいけない。

いいドラマだったなぁ~~~~・・・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

観劇「天国への扉」

lovepunku「オクトパスホールド」で 一番人気だった安子役 安藤清美ちゃんが出演している 劇団くりびつてんぎょう 「天国への扉」を観た。

なんと 子殺しの母親のお話!

冒頭 白い仮面を被った人達が踊り 昔懐かしきアングラの世界を醸し出している。
子殺しの話的に アングラは良く似合う。

私個人的には 好きな分野のテーマで 非常に興味をそそる。

3幕物のオムニバス形式で 主人公 福田聖子(母親)と福田マモル(子供)は 1幕づつ 違う役者が演じる。それも面白い。

でも 台本が非常に淡白・・・・・。

子殺しの話をやろうと思った時点で 行き着くところまでいって欲しかった(個人的感想です)。

もしくは 完全に ブラックコメディーにしてしまうか・・・・。

とても 中途半端に思えた・・・・。

観客に媚を売りたいなら こんな物語を中途半端にやらないで欲しい・・・・。

痛みも切なさも愛も理不尽さも屈折さも 全てが弱い・・・・。

泣かせスポットは いくつかあった。でも泣けない。泣きたいのに。物凄い不完全燃焼・・・。
周りに 泣いている人は居た。でも 私は 泣けなかった。 

清美ちゃんの醸し出す 雰囲気や個性はとても好き♪3人の女優さんが 福田聖子(子殺しの母親)を演じたけど 子供(マモル)が賞を貰ったという「詩」のお母さんのイメージは まさしく清美ちゃんだった。 この親子(1幕目)が3幕の中で一番シックリきた。

2幕目は 完全に つかこうへいだったし・・・・(汗)つかさんは 大好き!私が 芝居の世界に入るきっかけだったし・・・・。いいセリフもあった。熊井刑事役も 頑張ってたし。
でも 肝心の 主人公の母子に 違和感が・・・・。

3幕目になると 更に 母子に違和感!
子供をこよなく愛する母親が 死後の世界で 再開して 母親が 子供に愛情を示すシーンなのに 目の前の子供を抱きかかえながら 何故 正面芝居Σ( ̄ロ ̄lll)!? えーーーーー!?
誰に向かって 話しかけてるの!?
息子は母親を見つめているのに 母親は何故息子を見ない!?自分が殺してしまった後ろめたさ?ありえない!!!!!一気に 興ざめ( Д) ゚ ゚
許しを請うなら ちゃんと息子を見つめようよ!!!愛情を持っているなら 息子を見ようよ!正面向いて 誰と会話してるの???抱いているのに 見てないんじゃ 抱きしめる意味ないじゃん!?それじゃ 殺された子供が救われないよ・・・。

1幕目 2幕目の 福田聖子さん台無し・・・・・・(゚ー゚;

面白いシーンもありました。興味深いシーンもありました。
でも 全てが 潔くない・・・・。

好きな話なだけに 残念。

あくまで 個人的生意気な感想です。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

やっぱりネコはいい♪

Photo_2ちゃんと掃除機かけましたよ・・・・。

ヘタレ息子 ビビリまくり・・・・。

いや ビビリ過ぎだから・・・・( ̄Д ̄;;

掃除機をかけ終わり 安心したのでしょうか?

ホッと 自分の部屋に戻り 爆睡・・・・。

「年寄りにはさぁ心臓に悪いんだよ 勘弁してくれよ。」

この手の伸び具合が 悲哀をもたらしています。



温泉はもちろん癒しの場として最高ですが 家の中で ネコと戯れているのも 最高の癒しです。いちいち 笑わせてくれるしね(笑)
もう 微笑まずにはいられません。

本日 雨の土曜日・・・・仕事も休み。

もちろん DVD鑑賞ですよ!

Photo_3

前から観たかったこれ 観ちゃいました!

正直ストーリーなんてどうでも良い♪

愛くるしい子猫が動いてる姿を観るなら2時間でも3時間でも飽きずに観れます!!!

でも意外に ストーリーがしっかりしていてビックリ!

しかも メインはストーリーの方で 子猫の登場は完璧にサイドストーリー。
小道具的感覚です。


それでも たまに画面にチラッと映った子猫を見るだけで 心が幸せ~~~~♪

大杉漣さん いい味だしてましたねー。
誰もがやりたくない仕事 首切り役人です。

みんなに恨まれて 嫌がらせされて・・・・・毎日 胃薬飲んで・・・・。

そんな彼が たまたま拾ってしまった 子猫の出現が 彼の人生を変えてしまう。

もう 胃薬なんていらない!

大杉さんのセリフの中で「うん。ネコはいいぞー。」と言うのがあるのですが 私も ヘタレ息子を抱きかかえ「うん。ネコはいいぞー。」とつぶやいてみた。


人の生活の中に いなくても良い存在かもしれないけど 居ると心が救われる動物たち。
たとえ飼っていなくても 映像で動物園で自然の中で 様々なところで 癒しを与えてくれる動物たち。

ブログ友達にも ネコ好きな人がいます。

徳島では 捨て猫率がとても高いらしく 動物愛護センターという名の 処刑所に たくさんの猫や犬を捨てに来る人が後を絶たないそうです。

愛護センターに捨てに来る人だけでなく 自然公園が 捨て猫や捨て犬のたまり場になってしまっている有様だそうで・・・・・。
多くの捨て猫たちが かなり悲惨な目にあっているそうです・・・。

そのブログ友達(右サイドバーにリンクあり「猫写屋」)が 啓発ポスターをつくりました。

Photo_3











Photo_4

飼うからには 責任を持ちましょう!(ネコナデの映画の中でも言ってました)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

いい湯だな♪

Photo芝居が終わって 温泉行くぞー!と息巻いておりましたが ようやく行って来ました。

「極楽湯」

私が良く行く スーパー銭湯の少し先にあるこの施設。

前から行きたいとは思っていたのですが 知らない場所に行くと(車で) 迷子になるのが怖くて・・・(^-^;

内風呂には ジェットバスやシェイプアップバス そして かなり濃い茶色の温泉が( ̄Д ̄;;

このこげ茶(黒に近い)の温泉 温度が38度位と随分温め。
そして トローンとしたお湯 これがまた いい感じでかなり リラックス出来ます。

眠いときに入ったら落ちること間違いなし(^-^;

トローンとしたお湯なのに 出た後は サラサラのスベスベヽ(´▽`)/
結構 お気に入りです♪

露天風呂に出る途中に ミストサウナと遠赤外線サウナ。

ミストサウナは 塩が置いてあり この塩を体中に塗りたくり デトックスデトックス!!!
温度が低めなので 長い間入ってられます。
もちろん 塩の効果で 汗だくです!ただし 傷のある人は 因幡の白兎で ヒーッ!となってしまうので お気をつけ下され。

露天風呂は 2つで どちらも天然温泉♪♪♪
やっぱり 露天風呂は 極楽だぁ~~~~~ヽ(´▽`)/

お食事処も 意外とメニューが充実。

知らずに行ったのですが 毎週水曜は レディースデイで なんと ワンコインで入浴できるんです!
ラッキーでした!浮いたお金で ソフトクリームを食べました( ̄ー+ ̄)
ホントは ビールと言いたいところを車なので グッと堪え ソフトクリーム。

こんな近くに こんな良いお湯の温泉があって 私は 非常に嬉しい~~~。

常連になりそうっす!

マナーの悪い 馬鹿女が一人いましたが・・・・( ̄Д ̄;;

そうそう 以前 モニターで頂いた 『マジックピーリング』

温泉施設やスーパー銭湯で アカスリコーナーがあったりするじゃないですか!?

そのお姉さんたちが 使っているような 手に嵌めて 身体を擦るアカスリタオル?

使用してみました!

Photo 前に 家で試してみたら そんなに驚くほどではなかったのですが 「極楽湯」の温泉に浸かって サウナに入って その後に マジックピーリングで身体をさすると 恥ずかしいくらいのアカがΣ( ̄ロ ̄lll)

ほんとに やさしく擦ってるだけなのに 気持ち良いほど出るアカ・・・。

もちろん 痛くありません。力入れてないですから。

☆世界初!
植物から得られた繊維で作られたナチュラルスキンケアグローブ。植物繊維製品ですが、シルクのように軽く柔軟なのでお肌にとて も優しくできています。マジックピーリングを使用してマッサージを行うと高級エステサロンで得られると同じナチュラルピーリング効果を得ることができま す。

☆安心!
すべてが自然に促していますので安全です。既存のピーリングジェルでスキンケアを行う場合は化学成分を含んでいるため、あきらめていた敏感肌の方もこれなら安心してお使いいただけます。
 (臨床テストではどのような肌の方にも問題が起こらないという結果がでています) 

☆経済的!
長く使えますので、ジェルなどの消耗品と比べるとお得です。

これ 顔にも使えるんだそうですよ!今度顔にチャレンジしてみます。

ピーリング 大事ですよねー。お肌を痛めないで出来るのは嬉しい♪

古い角質を取って 新しいお肌に!

ただ・・・背中は一人じゃやりにくいといのが難点ですね(汗)

健康サポートショップファンブロガーサイトに参加中

| | コメント (8) | トラックバック (0)

野良犬弾「髪結橋のロビン・グッドフェロー」

土曜日にシェークスピアの「夏の夜の夢」を観た感想は昨日書きましたが 今日遠く川崎まで観に行った「髪結橋のロビン・グッドフェロー」・・・・・。
「夏の夜の夢」でした!
ロビン・グッドフェロー・・・・・そう言えばイタズラな妖精パックの別名でした(^-^;

ただ 昨日観た「夏の夜の夢」と違って 廃れた商店街の人々が劇中劇で「夏の夜の夢」を演じている物語でした。

仰々しいセリフを 普通に日常会話として喋っている姿は 非常に好感持てました。

でも やっぱり長い・・・・・・。

野良犬弾の方は 勢いがあったから 途中休憩入れない方が良かったかも。
あ でも 劇場の冷房が効きすぎて トイレ休憩ないときつかったかも(^-^;

昨日も書いたけど 何故 みんな「夏の夜の夢」をやりたがるんでしょう!?

舞台=シェークスピアだから????

でも 今日観た方は 「夏の夜の夢」と商店街の人々の日常を上手くリンクさせてあって 随分良く出来た本だったと思います。

なので 十分楽しめました♪

でも 2日連続「夏の夜の夢」は やっぱりしんどい・・・。

役者が変わると こうも違うのか・・・という楽しみ方は出来ましたが。

いい役者さんも何人かいたし♪

しかし 「野良犬弾」 劇団なのに 芝居の質が全く違う役者さんの集団なのが驚きです!
プロデュース公演を観ているようでした。
それも ある意味面白い!

うん。

やっぱり 人の芝居を観に行くと 芝居やりたくなりますねー!
自分だったら こうやるな~とか色々思いながら観るのも楽しみのひとつですね。

演出はとてもステキでした♪

昨日観た「夏の夜の夢」は 辛くて 下を向いてしまった時間が長かったですが 今日のは 一回も下を向きませんでしたね。

役者さんの力量で言えば 昨日の方が 巧い役者さんが多かった筈なのに・・・・。

お上手なだけでは 心に響かない。
改めて感じました。
かと言って やはり ある程度の技術は プロとして必要だと思うし・・・・・奥が深いぞ 演劇!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

観劇 「夏の夜の夢」

先週 芝居が終わって 社会人復帰して この土日は観劇DAY。

元カリスマ演出家 今や いじられヘタレキャラとなってしまった 知人の芝居を観に行った。

「夏の夜の夢」

何故 みんな この作品をやりたがるのだろう・・・・・?

私は 正直 日本人が演じる赤毛物は苦手。

とくに シェークスピアは 日常会話が仰々しくそれを日本人が 仰々しくセリフを言うのが苦手・・・・。

小難しい会話でも 寺山とかは まだ 共感出来るのです。日本人だから。

「夏の夜の夢」なんて とても分かりやすい喜劇なのに 何故 無理して仰々しいセリフを仰々しく言うのだろう?
人間が全く見えてこない。

唯一 元カリスマ演出家の今やヘタレキャラの知人が 人間臭さを醸し出し いい味出してました。でも 彼の役は人間ではなく 妖精の王様なのですが(汗)

いや 名のある 有名劇団さんの出演者が多く みなさん お上手なんですよ。
でも 上手なだけで 何も響いてこない・・・。

もっと 簡単な会話にすればいいのに と 私は思ってしまう。

「夏の夜の夢」いろんな小劇団で上演され尽くされ 私も 何回も観てますが 喜劇なのに 笑えない・・・。
やっぱり 日本の小劇団のレベルの低さによるものなのでしょうか・・・?

シェークスピアの作品は 難しいですね~。日本人が演じるなら尚更。

外人さんが映画で日本人の役を演じている違和感が 日本人が演じるシェークスピアの作品の登場人物での違和感なのでしょうか?

日本に置き換えてやっている劇団もありますが それでも 笑えない・・・。

単に 私が シェークスピア苦手なのでしょうか?
でも「ロミジュリ」は大好きだし「マクベス」も嫌いじゃないです。
日本人が演じるのは やっぱり違和感ありますが。

今回 仙川にある劇場での鑑賞で 実家のすぐ近くで 仙川には「湯けむりの郷」という スーパー銭湯(?)があるので 観劇後は そこで まったり♪

「湯けむりの郷」は何回か行っているのですが 何故か 温泉と勘違いしている私。
そして行く度に 温泉じゃないじゃん!と 思っている私(^-^;

今回も温泉のつもりで行ってきましたが 温泉じゃありませんでした(笑)
それでも 満喫しましたヽ(´▽`)/
土曜日のせいか マナーの悪いお客さん目立ったけど。

明日は(もう今日だけど) 川崎だー!
期待してますよ「野良犬弾」さん。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

まだまだ腑抜け中

芝居終わって・・・・・・・・・・・ 

洗濯はしましたよ。
溜まりに溜まっていたし しなきゃ着る物がなくなるし・・・・。

お皿も洗ってます。
料理担当は連れ 後片付けは私担当なので・・・。

でも・・・・・掃除機をかけるのがイヤーーーーーーーー!!!!!
もうどのくらい 掃除機かけていないだろう・・・?

うちは 猫もいるし 猫の毛が舞っているので マメに掃除機はかけなきゃいけない。
でも 普段でさえ 掃除機をかけるのはキライ(汗)
部屋が汚くても 生きていけるから厄介だ・・・・(^-^;

あ~~~一年中芝居していたい。
働かなくても食えるようになりたい・・・・。

私 ダメ人間じゃんΣ( ̄ロ ̄lll)

もう少し 腑抜けでいさせて下さい。
日常生活に戻れたら 少しずつ 人間の生活にもどります。

いやぁ しかし 今回のストレートプレイの公演で思ったけど・・・

時代劇やアクション劇を観に来るお客様は 殺陣やアクションがあるものだと思って観に来てるから なんとも思わないのでしょうが 今回みたいな ストレートプレイで 身体を張ると ビックリするんですね・・・!?

今回の座組みで 一番大きい(縦も横も)女優さんが 赤ちゃんの役をやっているシーン。
私の 孫の役。
ハイハイしていた彼女が初めて 立ち上がるシーン。

彼女のデカさを強調しようと 彼女に押されて後転する芝居をしてみたのです。

たかが でんぐり返しの後ろ回り。
舞台上のセットが思ったより狭く 片足が下に落ちるのも確認済み。
立ち位置によっては 両足ともセットから落ちてしまうのですが・・・。

そんな他愛もないシーンなのに みなさんとても驚かれるんですね!

なんか たくさんの人に心配されたみたいで 返って恐縮(^-^;

ってゆーか 私の評価 それだけかい!?Σ( ̄ロ ̄lll)

教訓・自分にとっては 至極簡単な事でも ストレートプレイで身体張ると 評判が良い。

やっぱり 役者は身体は資本なんですね~。
もっと鍛えようっと!


| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »